ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保育園・幼稚園情報(春)

春は卒業の季節!幼稚園の卒園式はどんなことをするの?



卒業の季節でもある春。初めて親から離れて過ごした幼稚園では、子どもは思い出深い年月を過ごします。入園式ではあどけなかった子どもの、晴れやかな顔と成長した姿を見るために卒園式までに心構えや準備をしましょう。卒園式の流れ、マナーを守った服装、先生方へのお礼の方法などをご紹介します。

春の訪れとともにやってくる幼稚園の卒園式

春の訪れとともにやってくる幼稚園の卒園式

卒園式の日程は園によって異なりますが、3月中旬~下旬頃の平日に行なわれることがほとんどです。式典の時間は1時間程度ですが、その後の記念撮影、先生・お友達との別れを惜しんでのおしゃべりで時間は過ぎていきます。

卒園式は、卒園児がホールに入場するとまず卒園証書の授与から始まり、子どもたちは一人ずつ名前を呼ばれ登壇。次に園長先生の挨拶があり、来賓祝辞、保護者代表からの謝辞、園児お別れのことばと続きます。卒園児からはお別れの歌や卒園制作の発表があることも多いです。「孫の成長を見たい」と祖父母が卒園式に出席を希望する場合、式典の会場スペースによっては席に限りがあるので、事前に祖父母の出席が可能かどうか確認しましょう。

幼稚園の卒園式での子どもと保護者の服装は?

卒園式は入園式に比べるとより厳かに行なわれます。大切な式典ですのでマナーを守った服装を心がけましょう。制服がある幼稚園では心配はありませんが、制服がない幼稚園の場合は、子どももフォーマルな服装を心がける必要があります。女の子は男の子に比べるとレパートリーがあり、ベージュや紺、パステルカラーなど、落ち着いた色のジャンパースカートにボレロ、ワンピースにジャケットなどを選択することが可能。

男の子は紺やグレーなどのスーツが定番ですが、ネクタイの色やポケットチーフで個性を出しましょう。女の子の靴下は白もしくは紺や黒、男の子は紺か黒を選び、フォーマル用の革靴の準備も必要です。保護者の服装は園にもよりますが、母親であれば黒や紺、グレーなど落ち着いた色のスーツやワンピースが選ばれる傾向にあります。スーツはパンツ、スカート、どちらでも問題ありません。式では椅子に座るので、スカート丈が短すぎる物は避けます。胸元にはコサージュを飾って華やかさをプラスし、パールのアクセサリーを控えめに付けるとフォーマル感が増すのでおすすめです。父親は落ち着いた色のスーツにシャツやネクタイで色味を加え華やかにします。

卒園式ではお世話になった幼稚園の先生にも感謝を

お世話になった先生方へ感謝の気持ちを伝えるために、謝恩会を開く幼稚園や、式典のあとに各教室で先生へプレゼントを渡す幼稚園が多いです。謝恩会の主催者は保護者。多くの幼稚園では役員や謝恩会を企画運営してくれる実行委員が主体となり開かれます。企画・運営する人はどのような会にするかを考え、予算を決定。費用を抑えるため、卒園式のあとにそのまま幼稚園で行なうことが多いですが、園によってはホテルなどで行なうこともあり、そのスタイルは様々です。

飲食についても、飲み物だけ、軽食あり、ビュッフェスタイルなど、いろいろなパターンから選ぶことができます。会の中では先生方へ記念品を渡しますが、記念品は予算に合わせ、花束や寄せ書き、手紙など様々です。花は定番ですが、花束にしてプレゼントするだけでなく、園児一人ひとりから1輪ずつプレゼントするのも良いアイディア。寄せ書きや手紙はあとで見返すことができ定番のひとつですが、ビデオレターという方法もあります。子どもたちとの思い出をまとめた手作りのアルバムも人気。手作り品ではなく、何かを購入して贈る場合は、先生の負担にならないよう配慮が必要です。プレゼントを禁止している幼稚園もありますので、事前に確認しましょう。

ロード中
ロード中
ロード中

うららかな春を迎え、幼稚園や保育園の生活がスタートすることを不安に感じている親御さんは多いのではないでしょうか。また、子どもも入園したあとに「知らない環境」に対する戸惑いを感じることがあります。このような生活環境に変化が起こることで不安や戸惑いを抱えやすい春には、入園前後のことを考え親子で備えておく必要があります。そこで、初めて幼稚園や保育園にて集団生活を送るにあたって、入園前から準備できることをご紹介します。

入園前の生活習慣を見直す3つのポイント

入園前の生活習慣を見直す3つのポイント

子どもの幼稚園や保育園入園式前は、「きちんと園での生活が送れるだろうか」と心配になる親御さんも多いでしょう。しかし、このような心配が子どもに伝わると、「幼稚園や保育園は大丈夫なところかな?」と不審に思ってしまいます。このような入園前や入園後の心配は生活習慣を見直すことで少しずつ改善していくことが可能です。そこで、春に備えて生活習慣を見直せる3つのポイントがあります。

まずは規則正しい生活習慣を

入園前は「好きな時間に寝起きする」、「好きな時間に食べる」という生活をしていた子どもにとってこのような時期が決められた生活について行けなくなる場合があり、規則正しい生活が始まったとたん、ストレスに感じることにもなりかねません。「寝起きが悪い」、「食べるのがマイペース」、「起きてすぐにご飯が食べられない」など、各家庭での問題点は様々。このような生活にストレスを感じさせないためには、まず規則正しい睡眠時間を心がけましょう。入園前は1~2ヵ月くらいから、早寝早起きの習慣を身に付けさせると効果的です。

3~4歳児の理想的な睡眠時間は10~13時間と言われています。夜8時くらいには寝かせ、朝は登園の1時間前には起きるようにする睡眠パターンがベストです。ご飯を食べるのが遅い子どもは、グズグズしても叱らずに済むように、余裕を持って起こしましょう。なお、寝起きに叱るとストレスを感じてしまい、入園や通園への意欲を損ねることもあるので気を付けましょう。

園生活への第一歩は自己紹介から

園生活では先生が出席を取ります。また、お友達から名前を聞かれることもあるでしょう。そのため、入園前に「苗字と名前がしっかりと言えること」や「名前を聞かれたらしっかりとお返事ができること」などをしっかりと準備しておく必要があります。また、迷子になったときのことも考え、「お父さんやお母さんの名前を覚えていること」や「大まかな住所が言えること」、「年齢が伝えられること」なども言えるように練習しておきましょう。夜寝る前や、お風呂の中で「○○ちゃんのお名前は?」などと、自然と身に付くように繰り返し聞いてあげて下さい。

挨拶を覚える

家族の前だとなかなかできない挨拶も、幼稚園や保育園での生活では必要。「おはようございます」、「こんにちは」、「さようなら」、「ありがとう」など、基本的な挨拶を家庭でも身に付けさせましょう。家族で挨拶を率先して行なえば、子どもも「こういうときはこの挨拶」というように、ときと場合に合った挨拶が覚えられます。

子どもの情緒と意欲を育てる

幼稚園や保育園に入園する3~4歳児は成長がめまぐるしく、見るものや聞くものをスポンジのように何でも吸収するため、心が育つ時期でもあると言えるでしょう。幼稚園や保育園に通い始めると、「初めて来た知らない場所」、「知らない人が沢山いる場所」という不安などから「行きたくない」と泣く子もいます。このように嫌がる園児を無理やり幼稚園や保育園に連れて行くのは一苦労。このようにならないためにも、毎日通う幼稚園や保育園は、子ども自身が「行きたい!」と思えるように家族が手助けしてあげましょう。そのためには、まず「先生やお友達と歌ったお歌、教えてね」、「お弁当楽しみだね」など、子どもの意欲を駆り立てるような言葉をかけることがポイント。

また、友達と仲良く遊ぶためには、情緒や思いやりを身に付けることが必要です。子どもと公園へ行き春の花や虫を見付けたなら、命の大切さを教えるために、「かわいいね」、「大切にしてあげようね」などと声をかけましょう。お友達との譲り合いを覚えるには、公園に遊具を持って行くと効果的。他のお友達が来たら「一緒に遊ぼう」と言えるように、まずは一緒にいる大人が背中を押してあげましょう。「お友達と一緒に遊ぶともっと楽しいよ」などと教えてあげれば、子どもも自然と遊びに誘うようになります。幼稚園や保育園でも遊具は一人で使うのではなく、「譲り合って使うもの」というルールが覚えられるので、どのような場合でも「譲り合う心」で接することが大切です。

また、家ではお絵かきや絵本、簡単な手遊びなどを一緒に楽しむことで、豊かな情緒や感性が育まれます。上手にできたら、思いきり褒めてあげましょう。親からたっぷりと愛情を注がれ、大切にされることで子どもは優しさを身に付けます。褒めるときはもちろん、叱ったあとも必ず愛情を示してあげることが重要です。

入園後の子どもの様子

ほとんどの幼稚園と保育園では、入園してしばらくの間は、「半日保育」。先生や同じクラスの友達と遊びながら、お互いを知ることで園生活に慣れていくようにします。その後続くのは、「春の健康診断」や「歯科検診」、「春の遠足」などの行事。幼稚園や保育園によっては、「参観日」や親を対象にした「懇談会」がこの時期に実施されるところもあります。新園児にとって、春は初めての行事が多い季節。親以外の大人と接し、初めて出会う友達と遊ぶことは、子どもにストレスとなることもあるでしょう。家に帰ってきたら突然泣き出す、怒り出すといった情緒不安定な状態になる新園児います。

また、突然「幼稚園に行きたくない」と言うこともあるかもしれません。このような場合、効果的な方法は子どもを思いきり抱きしめることです。思いきり抱きしめながら「大丈夫だよ」などと声をかけてあげましょう。また、子どもの話に耳を傾けてあげることも大切。新しいスタートが多い春は、大人でも情緒不安定に。初めて幼稚園や保育園に送り出す家庭は不安に感じることも多いでしょう。そのような春だからこそ、新しく始まる生活に余裕が持てるよう、子どもだけではなく大人も心の準備をしておくことが大切だと言えます。


春、保育園や幼稚園に入園する子どもの多くは、初めてお母さんやお父さんと離れ、集団生活を送ることになります。親としては、お友達と仲良くできるかな、先生の言うことをちゃんと聞けるかな、などと心配してしまいますが、お子さんはきっと、大人が思っている以上に立派に成長しているはずなので、温かい目で見守ってあげましょう。

入園式の一日

入園式の一日

4月上旬、保育園や幼稚園では入園式が行なわれます。園によって異なりますが、式の所要時間は大体1~2時間。園長先生のお話や担任の先生の紹介、来賓の方々からの祝辞などに加え、在園児からの歌のプレゼントや、先生方による劇の発表などがあることも。まだ幼い子どもたちに向けての式ですので、多くの園では子どもが楽しめる式にしています。式後は記念写真を撮影してからクラスごとに教室へ移動し、これからの園生活の心得や必要な学用品などについて、担任の先生のお話を聞きます。お子さんがこれからお世話になる先生なので、どんな先生か知るためにもしっかり話を聞いておきましょう。

入園したばかりのお子さんにとって、1~2時間もの長い間座って話を聞き続けるというのは大変なことです。家に帰ったら、しっかり話が聞けたことを褒めてあげるようにし、話を静かに聞けなかったとしても、叱るのではなく、他に頑張ったところを見付けて褒めてあげましょう。

お弁当作りの注意点

近頃の保育園や幼稚園のお昼ごはんは、園内や給食業者の作る給食が多くなってきていますが、手作りのお弁当を食べる園もまだまだ多くあります。毎日お弁当作りなんてできるかしら、と不安に思うお母さんもいますが、手作りのお弁当であれば、お子さんはそれだけでとても喜びます。あまり不安に考えることなく、お子さんの笑顔を思い浮かべて、楽しくお弁当を作りましょう。

毎日のお弁当作りで大切なことは、作りすぎず、食べやすくすることです。特に幼稚園・保育園に入園したばかりのお子さんは、お母さんから離れた環境で、まだ上手に使えないだろうスプーンやお箸で頑張って食べます。そのため、食べにくい物だと時間がかかってしまうので、おにぎりやサンドウィッチなど、手づかみで簡単に食べられる料理を入れておくのがお勧めです。また、お弁当の量にも注意しましょう。園児向けのお弁当箱はとても小さいので、これで本当に足りるかどうか心配になることもありますが、保育園・幼稚園に入園したばかりのお子さんにとっては、「一人で全部食べられた」という達成感を味わうことも大切です。残すことを前提にたくさんおかずを入れるのではなく、お子さんが完食できる量のお弁当を意識しましょう。

保育参観日

「保育参観日」とは、親が子どもの保育の様子を実際に見ることができる日です。こちらも春の遠足と同じく、入園・進級から1ヵ月程経った5月~6月頃、子どもが園やクラスに大分慣れてから行なわれるイベントです。いつも通りの保育の様子を親に見てもらうことが多いようですが、日常保育のあとに、親と一緒に工作する時間などを設けている園もあります。

保育参観日の利点は、親の知らない子どもの姿を見ることができることです。特にお子さんが入園したばかりだと、園でどのように生活しているのか、お友達と仲良くできているのか、など心配でたまらない親も多いはず。そんな親にとって保育参観日は、子どもが園でどんなことをしているのか、誰と仲が良くて、何が好きで何が得意なのかなど、お子さんの新しい一面を知ることができる絶好の機会です。

このように楽しい保育参観日ですが、写真を撮影するときには注意しましょう。最近はスマートフォンの普及により、気軽に写真を撮影する人も増えましたが、先生が話しているときや子どもが集中しているときは、カメラの音や光で気が散ってしまうため、撮影を控えなければいけません。また、撮影した写真をSNSやブログなどに載せる際は、一緒に写っている他のお友達にも気を遣うことが大切です。事前に掲載許可を貰ったり、自分の子だけをトリミングして載せたりと、プライバシーに注意を払うよう努めましょう。


春に新しく保育園・保育所に入園する子どもさんとその保護者の方は、何をするにしても初めてのことに戸惑うことも多いと思います。保育園・保育所の生活に早く馴染むための情報を紹介します。

入園式の服装

入園式の服装

4月から保育園・保育所に通うことが決まると、入園式に出席します。この日は保護者の方も一緒に参加して式に臨みます。保育園・保育所は、幼稚園と違って制服がないため、子どもは私服で出席しますが、入園式だからと言ってあまりオシャレにこだわりすぎると、周囲から浮いてしまいます。保育園・保育所では、着替えやすいシンプルな服装が基本で、ボタンや飾りが付いたものは避けるようにします。入園式では、園長先生が話をしたり、世話をする保育士の紹介をしたりする程度ですので、あまり時間もかからず短時間で終了します。保育園・保育所によっては慣らし保育をするところもありますので、普段着で自由に遊べるようにしたほうが良いでしょう。

保護者の方の服装もスーツスタイルのようにあまり着飾らず、軽めの服装で結構です。特に乳児がいる場合はコサージュなどの飾りをしていると子どもを抱くときにひっかいてケガの原因になりかねません。また、話を聞くときに床に座ることも想定されます。タイトスカートだと動きづらく不便なので、体が動きやすいゆとりのある服装で十分です。お父さんも同様に、スーツにネクタイでビシッと決めるのではなく、ややカジュアルな格好にしておいたほうが無難です。入園式と言ってもそれほど大げさなセレモニーではないので、普段着で動きやすい服装で出席しても特に問題はないようです。

給食

給食

入園式が終わると保育園・保育所での生活が始まりますが、それとともに給食も始まります。乳幼児期の食事は、子どもの発育や発達に大きな意味を持つため、保育園・保育所では給食を教育の一環として、食べることを通して子どもたちの豊かな人間性を育んでいます。給食では、子どもの食べる力を引き出し、嫌いな食べ物や苦手な食べ物が減るように、いろいろ工夫されています。献立には、季節に合わせた旬の食材を盛り込み、いろいろな食品や料理を組み合わせながら、子どもたちが食べやすいようにしている他、栄養面にも気を配っています。公立の保育所では、担当栄養士が複数で「食育」を意識した統一の献立を作成しています。また、配布する献立表には、食材やレシピを掲載し家庭での料理の参考になるように紹介しています。保護者の方も献立を見ることにより、乳幼児期に与える食事内容や分量を確認できます。

また、保育園・保育所では乳児と幼児を預かるため、乳児向けと幼児向けに分けたり、あるいは共通で食べられる食事も提供したりしています。また、離乳食から幼児食へ移行する子どもや食物アレルギーや障害を持つ子どもにも対応できるよう、保護者の方やかかりつけの医師などと連携を図り、安全で安心な食事の提供を行なっています。

動物イラスト