ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

育児用語集(さ行)



育児に関する用語(さ行)をご紹介します。

サーモンパッチ

サーモンパッチ(サーモンパッチ)

新生児の顔に見られる毛細血管の拡張や血管の発育異常に見られる淡い紅色のあざ。「正中部母斑」とも言う。生後まもなくに、まぶたの周囲や額の中央部、上唇と鼻の間などに現れ、腫れや痛み、かゆみなどはない。皮膚の毛細血管が拡張するために現れる物で、ほとんどの場合は、皮膚が伸びる9歳頃までに自然に消滅するが、染色体優先遺伝によって色調が残る場合もある。気になる場所に現れた場合は、レーザー治療で消すことも可能である。

臍帯

へその緒のこと。半透明の紐状の物で、長さは50〜60cm程にもなる。分娩前は母胎と胎児を繋いで、酸素や栄養と老廃物の交換を行なう役目を果たす。出産後は新生児から切り離される。臍帯には、2本の動脈と1本の静脈が流れているが、その血液を「臍帯血」と呼んで、白血病など血液疾患の患者への移植として利用されている。日本では、新生児から切り離した臍帯を記念として保存しておく風習がある。

搾乳

母親の母乳をしぼること。赤ちゃんが何らかの理由で母親から直接授乳できない場合、母乳をしぼって授乳する。母乳をしぼるときは、赤ちゃんがおっぱいを吸うときの刺激の代わりに乳頭を刺激し、人工的に催乳反射を起こさせる。多くの量が必要な場合には搾乳器を利用することもある。母乳を受ける容器は消毒をした清潔な物を使用する。搾乳した母乳の保存可能時間は、常温で1時間以内、冷蔵保存で24時間以内だが、冷凍すれば1ヵ月近く保存できる。

シャフリング・ベビー

シャフリング・ベビー(シャフリング・ベビー)

座ったままお尻で床を滑って移動する赤ちゃんのことで、はいはいが積極的でない赤ちゃんの中に多く見られる。うつ伏せを嫌がったり、立つことを嫌がったりする特徴がある。この動作自体は何の問題もなく、生まれつきの体質と言われている。立ったり歩いたりする時期が、一般的な赤ちゃんより遅れる傾向にあるが、発達過程のひとつのタイプとされ、特に治療などは必要ない。ただし、精神遅滞や脳性麻痺などの病気と区別する必要があるため、専門家に経過を相談することが望ましい。

就園奨励

各地方自治体による子育てを経済的に支援する制度で、幼稚園に就園させている保護者を対象に、補助金を支給するなどして、保護者の経済的負担を軽減させるもの。市区町村単位で実施され、所得などに応じて幼稚園の授業料や入園料などを減免したり、補助金を支給したりするなどして、子どもの就園を奨励し、教育の機会均等を図ることを目的としている。この制度を実施する市区町村に対して、国は補助金を出している。対象となる世帯や条件、補助金額、給付の時期などは各市区町村によって異なる。

就労証明書

保育園に入園を希望する場合に、就労していることを証明する書類。保育園では、保護者が就労していることなどの理由で、家庭で保育ができない乳幼児を預かるため、それを証明するための書類が必要となる。書類は、住所のある役所に提出する。両親が共稼ぎの場合は、両方の就労証明書が必要となる。役所ごとに規定の用紙が用意されており、勤務先または勤務を予定している事業所が、必要事項を記入して印を押すようになっている。

シュタイナー教育

シュタイナー教育(シュタイナーキョウイク)

ドイツの哲学者シュタイナーが提唱した教育理論。授業での芸術的な行為を通じて、意思や感情を子どもの年齢に合わせて育んでいくもの。芸術的なものに触れると人間の感情が高まり、感覚が研ぎ澄まされることで、感情とともに学習した知識は鮮明に記憶に残ることから採用している幼稚園や保育園も多い。歌や詩を使って言葉を学んだり、絵を描いて自分の感情や考えていることを表現したりする。また、体を動かしたり、木の実などの自然の材料を使ったりすることもある。

食育

食事を通して、栄養の摂取以外に精神的な成長を促すこと。2005年に食育基本法が施行され、食事を栄養摂取の目的だけでなく、生涯の豊かな人間形成に繋がるものと考え、食育で健全な心身と精神を育むことを目的としている。食育は、乳幼児の頃から始めることが望ましく、食文化や伝統を知ったり、自ら正しい判断で食を選んだりするなど人間的な成長を目指している。そのためには、子どもの成長を促す生活習慣を築き、できるだけ家族が一緒に食事を取り、子どもが一人で食べる孤食の機会を低減させることが重要とされている。

食物アレルギー

ある特定の食物を食べると発疹や嘔吐などの症状が出ること。卵、牛乳、小麦は3大食物アレルゲンと呼ばれ、乳幼児にはアレルギー症状が出やすいとされている。人によってはこの他の食品にもアレルギー症状が出る場合がある。アレルギー症状としては、じんましん、湿疹、下痢、嘔吐、鼻炎など様々で、症状の重さも個人差がある。乳幼児の場合は、食べてみないと分からないため、初めて口にするものは少量与えて様子を見るようにする。症状が出たら受診する。

初乳

初乳(ショニュウ)

分娩後の数日間に分泌される母乳。少し黄みがかっており、熱によって凝固しやすい特徴がある。少量しか出ないが、通常の母乳と比べて固形である分、タンパク質、脂肪などが多く含まれており、特に免疫抗体や成長因子が豊富である。そのため、細菌やウイルス、病気から新生児を守る働きがあり、赤ちゃんの成長に欠かせない。WHO(世界保健機構)では「完璧な栄養源」として新生児に初乳を与えることを推奨している。

新生児メレナ

新生児が、ビタミンK欠乏症により消化管出血を起こす症状で、「新生児出血症」などとも呼ばれる。ビタミンK欠乏症によるものを「真性メレナ」、そうでない出血を「仮性メレナ」と言う。ビタミンKは、血液の凝固因子生成に大きくかかわり、骨の形成にも影響してくる。真性メレナでビタミンKが不足すると、血液が固まりにくくなるため出血が見られる。一方、仮性メレナは、親の血液を飲み込んだために起こる吐血や血便で、異常もなく治療の必要もない。血液検査で大人のヘモグロビンが検出されれば仮性メレナと診断される。

児童館

児童福祉法に規定された児童福祉施設のことで、児童センターも含まれる。屋内型の児童厚生施設で、子どもに健全な遊びを提供するとともに、心身の健康を増進して情操を豊かにすることを目的としている。各自治体が運営している。館内には、児童向けの遊具や図書などがある他、ギャラリーや屋内プール、宿泊施設を備えているところもある。保護者向けの講演会や相談会なども開催され、親同士や地域住民の交流の場としても利用される。

児童虐待防止法

児童虐待防止法(ジドウギャクタイボウシホウ)

児童への虐待の早期発見、早期対応、適切な保護を目的に、2000年に制定された法律。親あるいは同居者による児童への虐待問題が深刻化し、児童相談所への相談件数が増加したことによって制定された。それまでは家庭内の問題は、外部から直接干渉することができず、親への指導程度に留められてきたが、法律化されたことにより、児童福祉施設の職員などによる立入検査が可能となったり、警察に援助を求めたりなど、児童の虐待に対して調査や保護が行ないやすくなった。

児童相談所

児童福祉法に基づいて、各都道府県、政令指定都市、中核都市に設置された児童福祉の専門機関。養護相談、保健相談、心身障害相談、非行相談、育成相談を扱い、児童やその家庭の問題点の調査と、その判定に対する必要な指導、児童の一時保護などを行なっている。特に増加が著しい児童虐待問題では、寄せられた情報をもとに、スピーディーで適切な対処を行なうことが求められ、児童相談所長は親の出頭要求や立入調査などを行なう。

児童票

保育所・保育園に入所・入園している子どもと、その保護者の基本的な情報が記載されている書類のこと。子どもたちの保育経過や家庭状況などを記載した原簿のことで、保育園に備えることが義務付けられている。園児一人ひとりの入園から退園までの家庭の状況や、保育経過を詳細に記録し、保管する。1年間の子どもの発育状況を評価することで、次年度の保育への資料としたり、保育者自身の1年間の総括記録にもなったりする。担任が定期的に記載し、内容は原則守秘される。

児童福祉法

児童福祉法(ジドウフクシホウ)

18歳未満の児童の健全育成と生活保障などを実現するために、1947年に制定された児童福祉に関する基本的・総合的立法。最初に作られた社会福祉制度で、社会福祉六法のひとつに数えられている。現在まで児童福祉の基盤として位置づけられており、様々な問題から家庭で暮らすことのできない児童への施設サービス(児童養護施設、乳児院、母子生活支援施設など)や、保育所での保育サービス、障害児に対する在宅・施設サービスなどが実施されている他、少子化進行や、児童虐待などその時々の社会のニーズに合わせて改正を繰り返しながら充実が図ら

児童養護施設

保護者のいない児童や虐待を受けた児童などが入所する児童福祉施設。両親と死別したり、両親に遺棄されたり、家庭環境が不良だったりなどの理由で、保護者の養護を受けられない子どもや、保護者のもとで生活させられない子どもを預かり、生活を送る施設。1歳以上から18歳未満までが入所対象者となる。施設内には児童指導員や保育士などが配備され、世話を行なう。最近ではひとり親家庭の保護者が病気などで子どもを養育できない場合の「ショートステイ」や、残業などで帰宅が常に夜間になるときに、子どもを通所させる「トワイライトケア」などの

自由保育

保育方法のひとつで、特に細かいカリキュラムを組むこともなく、子どもの自主性を尊重して自由に遊ばせるもの。設定保育の反対となる。園児は自分で好きな遊びを見つけて、好きなように遊ぶ。自主性や自制心、問題解決能力、創造力が養われるとされる。自由と言っても放任状態ではなく、保育計画によって実施されることが多い。また、子ども同士で遊ぶ機会も生まれ、協調性や思いやり、譲り合いなどの社会規範も芽生えるとされている。

情操教育

情操教育(ジョウソウキョウイク)

感情や情緒を育て、心の働きを豊かにして、創造的、個性的な精神をつくるための教育。道徳観や宗教観などの価値観を養うことも目的としている。明確な定義はないが、知的好奇心が旺盛で、創造性に優れた知育、安定感を持続できる情緒的態度を指すことが多い。教育内容としては、言葉や図形を暗記する学習ではなく、自分の考えや意思に沿ったものが挙げられる。具体的には、音楽や図工、保健体育などがあり、福祉体験や勤労体験学習なども情操教育の一環とされている。

水痘

発熱を伴って、数日にかけて発心が続々と出現する病気。水疱瘡(みずぼうそう)として知られている。ウイルスによる感染で発症する。新生児など免疫が十分にできていない者は、重症になりやすい。幼児期に予防接種でワクチンを投与して予防する。発疹が出現すると水疱となり、かさぶたができて治癒していく。発病から3日目頃がピークを迎え、1週間程でかさぶたとなる。ただし、かさぶたを無理に剥がしたりすると、跡が残るため美容的には注意が必要となる。治療としては、内服薬や静脈注射が効果的で、かゆみがあるときは抗ヒスタミン薬を服用する

ずりばい

赤ちゃんが、うつ伏せの姿勢で床にお腹を付けたまま、前に進むこと。はいはいができる前段階の動作で、腕を前に出し、手や肘を使って腰をひねりながら足の裏で床を蹴りながら前進する。中には、足を交互に使えないため、両手で体を支えて体を引きずるように前に進む赤ちゃんもいる。腰のひねりと腕の力だけで進むため、あまりスピードは出ないが、次第に全身の動かし方を体得していき、やがてはいはいへと発展する。

成長曲線

成長曲線(セイチョウキョクセン)

人間の体の発育を示すもので、横軸に年齢を並べ、縦軸に身長や体重など発育項目をおいたグラフに表される曲線のこと。特に発育期である乳幼児の場合は月齢表にすることで、発育の様子が分かる。母子健康保険手帳には体発育曲線のグラフが掲載されており、成長の度合いの目安になる。成長の過程は個人差があるため、目安となる数値からはずれることもあるが、成長曲線と同じ曲線を描いていれば特に問題はない。成長曲線の描き方には、「標準偏差曲線」と「パーセンタイル曲線」の2種類がある。

生理的微笑、社会的微笑

生理的微笑は、生後まもない新生児に現れる特徴的な微笑みのことで、単なる筋肉の動きで、笑うように見えることを言う。「エンジェルスマイル」とも言い、生後4週間くらいまで現れる。社会的微笑は、人の顔を見るとはっきりした笑顔を見せることで、生後3ヵ月頃に現れるため、「3ヵ月微笑」とも言う。この時期はまだ人を識別できないため、特定の人を選んで笑うのではなく、近づいてきた顔に反応し、誰にでも笑顔を振りまく。

咀嚼

物を噛み砕いて飲み込むことで、乳幼児の場合は、十分な咀嚼が成長にあらゆる影響を及ぼす。1歳を過ぎた頃に噛む練習をすることで、食べ物を細かく砕いて吸収を良くする効果がある。また、唾液の分泌を促すため、唾液に含まれる酵素が食べ物の消化と吸収を良くする働きがあり、口内の細菌を減らすことにも効果的である。さらに、噛むことであごの発達や筋肉が強化され、脳を刺激し、知能の発達を進行させる。

卒乳

卒乳(ソツニュウ)

栄養摂取を母乳から離乳食に替えていくこと。はっきりした時期は決まっていないが、赤ちゃんが母乳を欲しがらなくなり、離乳食など母乳やミルク以外でも、自ら栄養が取れるようになれば卒乳の時期となる。平均的には1歳〜1歳6ヵ月に行なうことが多い。この頃になると、コップやストローで水分補給も自分でできるようになる。母子ともに卒乳の準備が整っていることが大切である。また、母親が授乳の負担をなくすために卒乳するケースもある。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。