施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

育児用語集(か行)



育児に関する用語(か行)をご紹介します。

カウプ指数

カウプ指数(カウプシスウ)

乳幼児の肥満度を表す数値のこと。算出方法は、カウプ指数=体重(g)÷身長(cm)の2乗×10であり、乳児は22以上、幼児は20以上が肥満とされる。数値がたとえ肥満であっても、病気によるものではなく単純性肥満であるため、少しくらい太り気味でも心配の必要はない。また、身長や体重の発育状況によっても異なるため、あくまでも目安の数値となる。歩き始める1歳頃になると運動量も増加し、全体的に脂肪が落ちて肥満が解消されるのが一般的。

課外教室

幼稚園や保育園で行なわれる、通常カリキュラムとは別に設けられた活動や教室のこと。園内で講師などを招いて実施されるものや、幼稚園・保育園を通して、近隣の施設などで実施されるものがある。音楽、絵画、スポーツ、英会話、コンピューターなど活動内容は様々で、外部の教室や講師などと提携して実施しているところが多い。希望者は個別に申込んで利用する。習い事と比べると送迎の手間が省けたり、費用が低額だったりするメリットがある。

川崎病

1〜4歳の乳幼児がかかる病気で、全身の動脈に炎症が起こり、発熱を伴って両目の充血、唇の腫れ、イチゴ状の舌症状などが出る。原因は不明で、いまだに解明されていない。心臓を取り巻く冠動脈に症状が出ると、心臓に影響を及ぼす恐れがあり、悪化すると狭窄症や心筋梗塞に至る。治療としては、アスピリンを投与し、解熱と血液凝固の防止を行ない、血液製剤を静脈から投与する。血液製剤に含まれるガンマグロブリンは合併症を防ぐ目的があり、数日かけて大量投与する。

カンガルーケア

カンガルーケア(カンガルーケア)

出産後すぐに赤ちゃんを縦にかかえて直接肌と肌を合わせて、母親の体温を感じさせる保育方法。出産後に親と離して保育器に入れる方法と比べ、スキンシップによる親子の絆づくりや母乳育児、育児放棄にも効果があるとされている。ただ、呼吸をし始めた赤ちゃんは、呼吸間隔や心拍数も不安定であるため、中にはこの時期に体調が急変して息が止まってしまうこともある。そのため、新生児室で助産師などが立ち会うなど、厳重な管理の下で観察を十分しながら行なう必要がある。

かんしゃく

子どもが環境や成長に伴って起こす表現方法のひとつ。第一次反抗期と重なる2歳前後から始まり、自分が気に入らないと大声で叫んだり、親の言いつけに反発したり、意味もなく顔を真っ赤にして怒ったりと反応は様々ある。落ち着きがなく常にふくれた表情となるが、まだ気持ちをコントロールできないために、自立したい気持ちと、思い通りにできない自分への憤りを感じる状態が表情に出るケースが多い。ほとんど一過性のもので、成長とともに落ち着いてくる。

疳の虫

乳児の意思表現のひとつで、夜泣きやかんしゃくなどを指す。生後10ヵ月を過ぎると、赤ちゃんは自分の意思や要求を示すようになるが、それを伝える手段がないため、泣きじゃくったり、声を上げたりする。言葉を少しずつ覚え始めるとなくなってくる。保護者の理解力も必要だが、それほど深い意味や要求もないため、抱えてあやしたり、授乳したりすることで治まることが多い。日本では古くから病気とされており、虫封じなどの祈祷が行なわれた。

外気浴

外気浴(ガイキヨク)

生後1ヵ月の健診が終わった頃に、外の空気に触れさせることを言う。皮膚や粘膜に適切な刺激を与えることで、肺や器官を鍛えることが目的とされている。また、太陽の光を感じることで昼と夜の違いを知るきっかけになり、生活リズムが整いやすくなるというメリットもある。ただし、外気浴と言っても外に出るのではなく、窓を開けて外からの風を感じさせる程度にする。日光浴については、近年紫外線の弊害が指摘されており、あまり推奨されなくなっている。

鵞口瘡

カンジダ菌によって感染し、赤ちゃんの口内などが白くなる病気。口内の頬の内側や舌、歯茎などが白いカスのようなものが付着した症状があり、こすっても取れない。特に痛みやかゆみなどもなく、命への影響もない。新生児は産道で感染することが多く、授乳時やおしゃぶりなどの玩具から感染する場合もある。ほとんどが母親からの感染による。治療としては自然治癒や口内洗浄がほとんどで、3〜7日程度の治療や経過観察で快復する。

吃音

発語時に言葉を繰り返したり、音を伸ばしたり、詰まって言葉が出てこないなど円滑な話し方ができないこと。「どもり」とも言う。2歳頃に発症することが多く、成人しても続く場合がある。吃音の程度は個人差があり、周囲に人がいないとスムーズに話せるが、緊張状態にあったり、電話での応対をしたりするときに吃音が出やすい傾向にある。原因は特定されていないが、遺伝的なものやストレスや緊張などの心理的影響、家庭環境などが関連付けされる。言語療法や呼吸法などで治療あるいは矯正を行なう。

基本的生活習慣

基本的生活習慣(キホンテキセイカツシュウカン)

子どもが心身ともに健康に育つために生活の基盤となるもので、食事・睡眠・排泄・清潔・衣服の着脱の5つの生活行動を言う。食事のマナーを身に付けさせたり、早寝早起きを習慣付けたり、自分で衣服を脱いだり着たりできるようにすることなど、生活していく上での基本的な習慣を身に付けさせる。通常は、保育施設に入る前の2〜3歳頃からしつけていく。最初は上手にできなくても繰り返ししつけることが大切で、教える側も行動で示すことが重要となる。

休日保育

保護者が就労や傷病、リフレッシュなどで、日曜日や祝祭日、年末年始などに家庭で保育ができない場合、保育園で預かること。女性の社会進出が盛んになる中で、保育サービスの充実のために実施している。市区町村の多くでは、事業として休日保育をサポートしている。事前登録が必要だったり、実施保育園が限られていたりと、サービス内容や方法も市区町村によって異なる。0歳児あるいは1歳児から就学前の幼児までが対象となる。

吸綴反射

新生児期の赤ちゃんに見られる反射反応のひとつで、指などを赤ちゃんの口の中に入れると吸い付く反応を言う。この反応は、生後すぐにでもおっぱいを飲むことができるように備わっており、口唇探索反射との相互作用により、自分で栄養を得るための重要な反射である。眠りながらでも唇をチュウチュウ吸っていることもある。満腹状態では見られなかったり、弱かったりする。通常は生後6ヵ月頃で消失する。

クーイング

クーイング(クーイング)

赤ちゃんの発声のことで、喃語(なんご)に発展する前の動物の鳴き声に似た声。生後1〜3ヵ月から発声を始め、「あー」とか「うー」など意味のない声を発する。喉を使って声を出す作業を自分で確認するとともに、発声自体が遊び感覚であるため、人がいてもいなくてもクーイングを続けることが多い。また、自分の声に周りが反応することで、積極的に声を出そうとする様子も見られる。やがて声の出し方を覚え、喃語へと発展していく。クーイングが少なくても、泣くことで気持ちを伝えるので、特に問題はない。

首すわり

首がすわることで、赤ちゃんの後頭部を支えずに立てて抱いても首がグラグラしない状態のこと。生後3〜4ヵ月頃になると、首の筋肉をコントロールする神経が発達して、どんな姿勢をとっても自分で頭を自由に動かせるようになる。赤ちゃんの運動発達の過程で最初に見られるもので、順調に発達しているかを見るポイントとなる。3〜4ヵ月健診でチェックする。個人差があり、生後5ヵ月を過ぎても首がすわらない場合もあるが、過敏に心配する必要はない。

クレーン現象

幼児期の子どもに見られる現象で、何かを取ってもらいたいときに保護者の腕を持ってクレーンのように動かしたり、対象物の所まで連れて行ったりする要求行動のこと。言葉が話せれば直接伝えることができるが、言葉が十分に話せなかったり、言葉の発達が遅れている子どもは、自分の要求を伝える手段としてこの行動に出る。自閉症の子どもによく見られる行動とされている。ただし、健常者でも言葉の発達が遅い子どもにも同様の行動が見られるため、幼児期では判断が困難とされる。

月案

月案(ゲツアン)

幼稚園や保育所での毎月の保育指導計画のこと。保育活動の中期的な計画で、「月間計画」「月間指導計画」とも言う。保育内容や指導のポイント、長期的な狙いやその月のテーマ、子どもへの注意点などが記載されており、子どもの成長に合わせた継続的な保育を行なう指針となる。季節的な行事や子どもの成長、生活の変化などを考慮しながら計画を立てる。計画と実際の内容を照らし合わせて、月末に保育士自身の評価や反省点などを記入する欄もある。

原始反射

新生児期において体の反応を示す中枢神経が未発達のために起こる様々な反応のことを言う。刺激に対して赤ちゃんの意志とは関係なく起こる。音に対して驚いたり、おっぱいを吸ったりなど生きるために必要な反射で、心と体の発達に伴い、赤ちゃん自らが意図した動きに変化していく。原始反射としては「引き起こし反射」「把握反射」「モロー反射」「歩行反射」「吸綴反射」「口唇探索反射」などがある。通常は新生児期〜生後4ヵ月頃まで続くが、その後は次第に消失していく。

原始歩行

新生児の原始反射のひとつで、赤ちゃんを両脇の下で支え、床に足を着けて少し前傾姿勢にすると、足を交互に動かして歩くような動作をすること。「自動歩行」とも言う。元々足に歩く機能があることを意味し、実際には歩行できないが、両足を交互にして歩こうとする。生後半年くらいには消失してしまうが、1歳を過ぎる頃には、本当に歩けるようになる。生後まもなくから生後4〜5ヵ月くらいの時期に見られる。

コーナー保育

コーナー保育(コーナーホイク)

保育者が子どもの行動を予測し、その行動に適した場所に、子どもの必要な道具や材料などを設置しておく。子どもは設置場所に行って道具やおもちゃで遊ぶことになり、設置場所が生活や遊びの拠点となる。そうした空間を「コーナー」と言い、子どもの自立性や主体性を伸ばすことになる。製作コーナー、ままごとコーナーなど様々な物があるが、子ども自身も目的意識を持って、自分の好きなことを選ぶため、自立心を育み、想像力を刺激することになる。

交流保育

様々な人たちとの交流を通して、子どもの心や知能の発達を促す保育方法。園内で異年齢の子ども、外国籍の子ども、障害を持つ子どもたちなどとのかかわりやふれあいを持つ場合と、小中学生が園に来たり、地域の高齢者とふれあう場を設けたりなど、園外の人たちと交流を深める場合がある。遊びの幅を持たせたり、協調性や社会性を身に付けたりするために、保育所で盛んに行なわれている。また、幼稚園同士、保育園同士で行き来して、園児同士で交流することもある。

子育て支援センター

子育てを支援する総合的な施設。地域の子育てをする家庭や保護者に対して、育児支援を行なうことを目的としている。育児に関する様々な相談に応じる他、子育てサークルの支援活動や保護者向けの講座の開催、地域の情報提供、ベビーシッターの紹介などを行なっている。実施の主体は各市区町村だが、児童福祉施設や医療機関に運営委託しているところもある。センターには保育士の中から、家庭の子育て支援を専門に担当する地域子育て指導者と子育て担当者を置くことになっている。

個別計画

個別計画(コベツケイカク)

3歳未満児についての個別の保育計画。保育所保育指針では、3歳未満児については、一人ひとりの子どもの生育歴や心身の発達、活動の実態などに即して、個別的な保育計画を作成することを義務付けている。このため、担当保育士が、子どもの性格や活動内容などを見ながら計画を立てる。個別計画を作成することで、保育の狙いを明確にして取り組むことができ、保育のあり方を客観的に見直すことができるメリットがある。

コラージュ

貼り絵のこと。本来は性質やロジックの異なる素材を使って表現する美術技法のひとつだが、幼児教育では色紙や落ち葉、新聞の折り込み広告など、身近な物を使い、いろいろと組み合わせて画用紙などに貼り付けていく。絵の具やクレヨンで描いた絵と違って、立体感や素材の面白さが出る。子どもたちの発想力や想像力を養いながら、ハサミや糊を使うことで、手先の修練にも繋がる。貼り絵をした物に、クレヨンなどで背景を加える場合もある。

混合栄養

母乳があまり出なかったり、母が昼間働いていて授乳ができなかったりするときに、不足分をミルクなど人工乳で補って十分な栄養を与えること。ミルクだけの人工栄養に対して、母乳を基本とした栄養の与え方。母乳の出る量によってミルクの量も調整する必要がある。授乳では、母乳を一定時間飲ませたあとに、欲する分人工乳を飲ませる方法、母乳の分泌が悪い時間帯を人工乳で補う方法などがある。なお、母乳不足は、赤ちゃんの反応や排泄内容で知ることができる。

誤飲

誤飲(ゴイン)

食べられない物を誤って飲み込んでしまうこと。赤ちゃんは何でも口の中に入れてカタチや感触を確認しながら成長していくため、誤飲による事故が多い。中には中毒症状を起こすなど生命の危険に繋がることもある。誤飲の中では、タバコや薬、コイン、ボタン、クリップなどが多く見られる。機嫌や顔色が悪い状態なら病院で受診するようにする。口の中に残っている場合は、飲み込む前に取り出すようにする。なお、気管に物が詰まって呼吸困難を起こす症状は「誤嚥(ごえん)」と言う。

午睡

昼寝のこと。乳幼児には12時間程の睡眠が必要で、規則正しい生活には昼寝は不可欠だと言われている。昼寝を取ることで、ストレスが和らいで疲れがたまらない効果があり、夜の寝付きも良くなるとされている。昼寝の時間は1〜2時間程度が望ましい。生後3ヵ月頃までは、昼と夜の区別がつかずに寝ているが、3ヵ月頃から睡眠のリズムが出てきて、昼寝で熟睡することもある。昼寝の時間を決めて寝かしつけ、起こすときも時間を決めておくことで、睡眠リズムが確定していく。

ごっこ遊び

子どもが興味や関心のあるものを真似る遊びのこと。テレビ番組や絵本などの娯楽に登場する人物、いろいろな職業など、子どもの視点で捉えたものを表現することになる。時には大人が想像もしない空想の世界を演じたり、大人の意外な行動を真似したりすることもある。また、真似るための道具もイメージを自分なりに膨らませて、いろいろな物を代用したりする。こうした遊びを通して、創造力が養われ、それぞれの役割や立場を身に付けることにもなる。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。