ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保育園・幼稚園情報

保育園・幼稚園での
「モンスターペアレント」とは



学校などに対して自己中心的で理不尽な要求をする親は、「モンスターペアレント」と呼ばれます。最近では、保育園や幼稚園生活でこの言葉が聞かれることも多くなりました。具体的な事例や、我が子を愛する保護者がモンスターペアレント化してしまう原因と、解決策を探ります。

各国を騒がせるモンスターペアレント

各国を騒がせるモンスターペアレント

モンスターペアレントは、略して「モンペ」とも呼ばれ、教育者である向山洋一氏が命名したといわれています。「モンスター」すなわち怪物化した保護者という意味を持っていて、2008年(平成20年)には、同名のテレビドラマが制作されたことでも話題になりました。

アメリカでは、上から様子を見ていて急降下して攻撃することから「ヘリコプターペアレント」、イギリスではサッカーの暴徒になぞらえて「フーリガンペアレント」と名付けられています。モンスターペアレントと呼ばれる保護者の中には、「自分の子さえよければ」というタイプと、意味の分からないクレームを次々につける、病的ともいえるタイプがあるようです。

モンスターペアレントが生まれる原因とは

モンスターペアレントが生まれる原因とは

最大の原因は、コミュニケーションの欠如だといわれています。自らの要求や願い、自己主張を一方的に強く求めることにより、コミュニケーションという相互関係を築くことができなくなっているのです。現代日本において、働きながら家事や育児をしている保護者は、経済的にも時間的にも、精神的にも余裕がありません。疲弊感から、家族間や教育の場とのコミュニケーションが減少し、相手の気持ちが見えず、イライラが募り、クレーマー化していく傾向があるようです。

また、幼稚園のサービス産業化などにより、保護者はお金を支払う側であり、園は支払われる側であるという意識を持つ人が増えたことも原因のひとつといえます。

保育園・幼稚園での事例

保育園・幼稚園での事例

子ども達が長い時間を過ごし、生活の場もある保育園では、モンスターペアレントによる様々な事例があります。例えば、「忙しくて自分の子どもの汚れ物を洗濯する時間がない。園で洗濯して乾かしてから返してほしい」という保護者もいるようです。また、生活に困っているわけではないのに、保育料などの滞納をする親もいます。

幼稚園では、特定の園児と遊ばせないでほしいと要求したり、クラス替え時にメンバーを指定する親がいるそうです。また、保育園・幼稚園に関わらず、子どもが怪我をした際、状況も聞かずに怒鳴り込んできて、先生を替えてほしいと要求する保護者も多いようです。

モンスターペアレントを生み出さないための解決策

モンスターペアレントを生み出さないための解決策

「自分はモンスターペアレントにはならない」と思っている人は多いと思いますが、誰でも好んでなっているわけではありません。例えば、子どもの大切な持ち物が園でなくなり、対応を呼びかけるときや、子どもが他の子にいじめられていると感じたとき…。園生活で起こる出来事は様々で、いつでも冷静に気持ちを伝えられるケースばかりではありません。ささいなすれ違いやいい方から、周囲にモンスターペアレントと呼ばれてしまうきっかけは、親であれば誰が持っているといえます。

そこで保護者側の解決策としては、日頃から、保育や幼児教育の現場と信頼関係を築いておくことが挙げられます。お互いにまずは相手の主張を受け止めることで、相手の信頼を得る。そして相手もこちらを理解し、信頼する。そういった日常の積み重ねは、子どもが幸せな保育園・幼稚園生活を送るうえで、とても大切になってきます。

動物イラスト