施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

認証保育所と認可外保育所



待機児童対策として、都道府県・市区町村は、独自に様々な対策を講じています。その取り組みのひとつとして登場したのが、自治体独自の保育制度の代表格である東京都の認証保育所です。東京都の認証保育所と並んで代表的な地方単独保育事業として、横浜市が行なう横浜保育室制度もあります。その具体例を取り上げながら、認可外保育所についても触れていきましょう。

認証保育所も認可外のひとつ

認証保育所も認可外のひとつ

東京都をはじめ、都市部の多くの自治体が、認可保育園とは別に、認可外保育園の助成を行なっています。市区町村が独自に定めた保育内容の基準をクリアすると、運営費など自治体の手厚い助成金が入る仕組みで、こういった助成を受けている園は、認可保育園に準ずる施設といえます。認可保育園との違いは、施設面積や保育者に関する基準が認可保育園よりも緩く、小規模で3歳未満児向きの施設が多いという点です。

2000年(平成12年)からスタートした「東京都認証保育所」は、自治体独自の保育制度の成功例として取り上げられることが多いですが、これによって待機児童数が大幅に減ったといわれています。他にも、自治体が助成する準認可的な施設には、0歳から2歳の低年齢児が、より良い環境で保育されることを目的にした横浜市の「横浜保育室」、川崎市の「かわさき保育室」、堺市の「堺市認証保育所」、浜松市の「浜松市認証保育所」、仙台市の「せんだい保育室」が挙げられます。

認可外ではあるものの、どれも厳格な基準が設けられているのが特徴で、保育の質の維持・向上、安全性の確保を図りながら、低年齢児の待機児童解消に貢献しています。

認証保育所への自治体の関わり方

認証保育所への自治体の関わり方

自治体によっては、認可外の助成制度がないところもあります。自治体の認証保育所施設への関わり方も様々で、年2回以上の立ち入り検査を行なっている市区町村もあれば、調査は年に1回というケースもあり、かなりのばらつきが見られるのが現状です。東京都の認証保育所と横浜市の横浜保育室などは、補助が手厚いため、安定した制度といえます。

認可外保育園の特徴

認可外保育園の特徴

認可保育園以外の保育施設は、前述の認証保育所など含め、すべて認可外保育所に分類されますが、認可外といっても内容は色々です。以前は「認可外」のことを「無認可」とも呼び、2001年(平成13年)まで認可外保育所には設置届けの提出義務がなかったため、認可外保育所=環境が整っていないというイメージが強くあったようです。

しかし、認可外だから質が悪いというようなことはありません。認可外保育所は、「認可外保育施設指導監督基準」に定められた基準を守りながら、自由度の高い保育内容を実践している園が多いのが特徴です。24時間型の保育所、幼児教育に力を注ぐ教育型の保育園など多岐に渡ります。

認可外保育所の種別

認可外保育所の種別
  • 自治体の助成を受けている保育園…認証保育所、横浜保育室など名称は色々。
  • 事業所内保育園…事業主が従業員の福利厚生の一環として設置するもので、企業内保育所や院内保育所のことを指す。
  • その他、助成を受けない保育施設…ベビーホテルなど時間単位の一時預かり保育や宿泊をともなう保育を行なっているところ。
動物イラスト