施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園・幼稚園に通う子どもの
おけいこや習い事



子どもの才能を開花させるため、幼稚園児や保育園児に、おけいこや習い事をさせる親が増えています。ただ、子ども向けの習い事といっても費用は安くないので、「どれでも好きなだけ」というわけにはいきません。そこで、どのような習い事が人気で、どのように選べば子どもが楽しく続けられるのかを調べました。

幼稚園・保育園児のおけいこや習い事は定番に

幼稚園・保育園児のおけいこや習い事は定番に

文部科学省では、「子どもの学習費調査」として、子ども1人あたりの学校教育及び、学校外活動のために支出した経費の実態を調査しています。その中で、2012年(平成24年)に発表された、子どもを公立または私立の幼稚園に通園させている保護者の2010年(平成22年)度の年間「学校外活動費」は、公立幼稚園児が83,505円、私立幼稚園児が151,127円とされています。

また、厚生労働省が調査している、2010年(平成22年)発表の第8回「21世紀出生児縦断調査」では、保育所に通っている園児のうち、「習い事等をしている」と答えた園児が81.7%に上りました。習い事の種類は、男児では「水泳」の割合が最も高く、女児では「音楽(ピアノなど)」の割合が高いという結果になっています。

現在では、おけいこや習い事をしている園児はかなり多く、場合によっては、1人が何種類もの習い事をしているケースもあり、「1週間の帰宅後の予定はすべて習い事で埋まっている」という園児もいるようです。

人気のおけいこや習い事

人気のおけいこや習い事

園児のおけいこや習い事には、大きく分けると「運動系」と「文化系」、「お勉強系」の3種類があります。

「運動系」では、男女を問わずスイミングが人気です。幼いうちから、丈夫な体づくりと泳ぎの習得が両方叶うことが魅力です。他に、体操やダンス、サッカー、バレエ、空手などの人気が高いようです。

「文化系」では、女の子を中心に、ピアノが人気です。音楽を楽しむ幅が広がる他、指先を使い、忍耐力や集中力を養うことができるのも大きなメリットです。他には絵画や工作、習字などを習わせていることが多いようです。

「お勉強系」では英会話がトップの人気に。小学校の英語の授業が必修化され、社会に出てからも必要となってくることは間違いありません。「自分は英語が話せなかったから」と、子どもに苦労をさせたくないがために習わせる親も多いようです。他に、公文式や学習塾に通う子どももいます。

子どもに合ったおけいこや習い事を選ぶには

子どもに合ったおけいこや習い事を選ぶには

幼稚園児・保育園児の子ども達は、「これが習いたい」という明確なビジョンがあるわけではありません。「お友達が通っているから」、「テレビで見たから」というだけの理由で興味を持つ場合もあります。

もちろん入口はそれでも構いませんが、親としては、子どもの性格をよく見極めて習い事やおけいこを選び、子どもの興味をリードしていく必要があります。我が子はみんなと一緒にスポーツがしたいのか、ひとりで絵を描くことが好きなのかなど、日頃どんなことに興味を持って遊んでいるかを観察してみてください。

子どもの気持ちを無視して強引に習い事を決めてしまうと、幼児期に苦痛や挫折ばかりを与えることになってしまいます。親子ともに気になるおけいこや習い事を見つけたら、体験レッスンに足を運ぶなどして、実際の感覚を確かめてみましょう。

動物イラスト