施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園・幼稚園での
園児への食育とは?



厚生労働省は、子どもたちの食育の基本について「子どもが生活と遊びの中で、意欲を持って食に関わる体験を積み重ね、食べることを楽しみ、食事を楽しみ合う子どもに成長していくことを期待するものであること」と、述べています。

保育園・幼稚園での食育の実施にあたっては、家庭や地域社会と連携を図り、職員が専門性を生かしながら、協力して進めることが大切だといわれています。

「食事は楽しく」が食育の基本

「食事は楽しく」が食育の基本

幼少期の食生活の充実は、とても重要とされていますが、おいしく楽しく食べることは、それ以上に大切なこと。子どもたちが幼稚園に持っていくお弁当は多種多様で、どの家庭も工夫を凝らした献立を考えていますが、中には、子どもの好きなものだけしか入っていないケースもあるよう。健康を考えると、これでいいのかと疑問を持つかもしれませんが、お弁当から摂る栄養は、これからの長い人生のほんの一部分です。保育園・幼稚園での集団生活の中で経験を積んでいくと、世界が広がり、食べたいものも少しずつ増えていきます。残さず何でも食べる力とともに大切なのは、自分の健康のために必要なものを選び、おいしく楽しんで食べる力です。

園での生活に慣れてくると、友だちのお弁当と自分のお弁当を比べたり、保育園での給食で自分が苦手なものを友だちがおいしそうに食べているのを見て刺激を受けたり、子どもたちの中に変化が表れます。食に対して関心を持つことは、食育の第一歩です。まずは、みんなでそろって「いただきます」をして、食べることを楽しむこと。それを基本に生きる力を育むことが食育なのです。

様々な味との出合い

様々な味との出合い

旬の食べ物から季節の移り変わりを感じる心が育ち、舌触り、香り、色みなど色々な味にふれることで五感も刺激されます。子どもたちに味の蓄えがあれば、初めての味に出合っても臆することはありません。何にでも挑戦するポジティブな心も生まれるといわれています。

保育園・幼稚園では、食文化との出合い、自然との関わり、調理を見たり実際にやってみたりする料理作りへの関わりなど、多様なアプローチで食べ物への関心を育てる試みが行なわれています。園庭で野菜を育てて収穫する栽培体験や、昔ながらの晩秋の風物詩である干し柿作りなどもひとつの例です。

遊びで食育

遊びで食育

体を動かして思いっきり遊ぶことで、子どもはお腹が空きます。だから、健康で生き生きとした生活に、遊びは不可欠です。様々な遊びが食の話題を広げる機会にもなります。食事に関わることも、遊びながら、楽しみながらするのが、保育園・幼稚園での食育です。園によっては、おままごと遊びなどを通じて、食器を下げる、重ねる、洗う、拭く、元の場所に戻すといった食事の片付けの手順を身につけるような取り組みをしているところもあります。

また、調理されたものしか見たことのない子どもたちに、食材そのままの姿を見せると、とても感動します。素材の色、大きさ、においを体験し、名前を知ると同時に調理の凄さも感じることができるようです。保育園・幼稚園では、本物の食材だけでなく、絵や写真なども使って、食べることへの興味を引き出す取り組みも実践しています。

動物イラスト