施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園・幼稚園に通う
幼児と英語教育



色々なものに初めて触れる幼児期は、たくさんの能力の基礎を育む大切な時期です。英語を聞き取る耳を養い、ネイティブ並みの発音を身につけるためには、幼児期が最適だといわれています。幼児の英語教育は、ひとつの子育て方針と考えて、長期的に取り組むべきこと。遊びを通して英語に親しみ、英語を話す人に接することで、英語の存在を子どもなりに受け入れられるようなチャンスを作ってあげることが大切です。

幼児期は英語スタートに適したとき

幼児期は英語スタートに適したとき

幼児期はとりわけ脳や声帯が柔軟で耳もいいので、発音をそっくり真似て、英語を苦労なく自然に吸収することができます。発音に必要な筋肉や舌の動かし方が身につくと、それは自転車の乗り方と同じように、からだが覚えるので一生忘れることはありません。

日本語がやっと身についてきた幼児期に英語を教えると、子どもが混乱するのではと、心配する人もいますが、子どもは日本語と英語の二つの言語が同時に入ってきても、適応する能力を備えています。一時的に、英語を話す人に日本語で話しかけたり、その逆で日本人に英語で話しかけたりということも起きますが、これは幼児の英語教育で大切な関門です。

バイリンガルの子どもたちは、みんな同じようにこの混乱期を通って、3歳くらいになれば、相手によって言葉を選ぶようになります。子どもが楽しいと思えるように、遊び感覚で英語を始め、家庭では英語漬けにしないこと。日本語を身につける大切な時期に、週に何十時間も英語ばかり聞いていたら、日本語の発達に影響してしまいます。幼児の英語教育には、環境を整えることが何より重要です。

英語が苦手な親でも大丈夫?

英語が苦手な親でも大丈夫?

親が英語が得意かどうかは、子どもの英語習得にはまったく関係ありません。親の英語の発音が正確かどうかよりも、前向きに楽しんでいる姿を見せることの方が大切です。家で音楽やダンスを交えた英語学習用DVDを流して、子どもと一緒になって歌ったり、踊ったりしていると、子どもは「英語は楽しい」と感覚的に理解します。

親が努力すべきことは、子どもが英語に親しむ環境を作り、一緒に英語で遊んで、子どもの気分が乗らないときでも根気よく続けることです。

英語が得意な親が注意すべきこと

英語が得意な親が注意すべきこと

英語が得意な親は、子どもに自分よりも上達して欲しいと思うことから、あまりほめない傾向が強いようです。子どもは親の喜ぶ顔がうれしいものなのに、間違いを厳しく指摘され続けると、その子にとって英語は、ただ辛いだけのものになってしまいます。

幼児期の子どもにとって、強制されて覚えたことは、ほとんど実になりません。期待度が高すぎると、子どもは負担に感じるので、肩の力を抜いて、子どもと一緒に遊びながら、英語を楽しむように心掛けましょう。小さいときに英語が楽しいというポジティブな印象を持つと、英語が好きになり、大人になってからも英語の伸びが速いといわれています。

流行の親子留学について

流行の親子留学について

最近では、親子留学と呼ばれる、親子を対象にした海外体験プログラムが人気を集めています。最短のプログラムは1週間で、現地の学校や語学教室で学んだり、ホームステイをしたりします。親子留学は、子どもの英語力をアップためだけでなく、未知の世界の扉を開け、異文化を体験する機会ととらえましょう。行きやすい国はオーストラリア、ハワイ、フィリピンで、治安のいいカナダも人気のようです。

動物イラスト