施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園・幼稚園に通う子どもに
絵本の読み聞かせる大切さ



まだ言葉が分からなくても、乳幼児から色々な絵本を読んであげることで、感情が芽生えて、感性の豊かな子どもに育つといわれています。そのため、保育園、幼稚園でも積極的に絵本の読み聞かせを行なっているようです。絵本の読み聞かせによって、子どもは想像力、共感力、感受性を身につけることができます。何にでも、前向きに挑戦していくチャレンジ精神旺盛な子どもへと成長する手助けにもなるようです。

絵本の世界を体験して心を育む

絵本の世界を体験して心を育む

短い物語の中で、勇気、思いやり、愛情、友情、挑戦など、生きていくうえで大切なたくさんの良いものを与えてくれるのが絵本です。心もからだも成長段階の子どもは、絵本の伝えるメッセージを潜在意識の中で素直に吸収し、行動の糧にします。絵本を知識として知るのではなく、そこに描かれた世界観を実体験するのです。

子どもは、同じ本ばかりを何度も読んでとせがんだり、読んでいる途中なのに、どんどんページをめくってしまったりします。それは、楽しい体験は早く先が知りたいし、先が分かっていても、何度も体験したいからです。楽しいから、大好きだから、その体験を何度も繰り返したいと思うのは、大人も子どもも一緒です。

絵本の読み聞かせは、子どもにとって実際に体験したことと同じです。絵本の中で出合ったことや味わったことが、体験として子どもに大きな自信を与えるといわれています。だから、子どもが好きな絵本を好きなだけ読み聞かせてあげましょう。

怖い絵本も大切

怖い絵本も大切

書店の絵本コーナーに、グロテスクな絵や怖い絵の本も置いてあるのは、子どもの成長にとって、そんな絵本も大切だからです。柔軟なものの見方ができる子どもは、先入観などなく、あらゆるものを受け入れます。

幼児期に受け入れたものが多ければ多いほど、人としての心の許容範囲も大きくなっていくといわれています。様々な絵本に触れることで、多くの表現方法があることを知り、発想力も豊かになって、表現能力が高くなるのです。

絵本の読み聞かせのコツ

絵本の読み聞かせのコツ

絵本の読み聞かせをしようとしても、子どもがまったく興味を示さないという場合もあります。対象年齢が合っているから、他の子どもたちには人気の絵本だからと、手当たり次第に読み聞かせていても、子どもの興味をひくことはできません。そんなときに役立つコツをご紹介します。

  • その子の好きな食べ物、動物、乗り物などに関連するものを選ぶ。
  • 仕掛けがあったり、音が出たりするような絵本を読み聞かせる。
  • 登場人物に合わせて声色を変え、動物の鳴き声などはマネをしながら読む。
  • 子ども用の本棚を作って絵本を並べるなど子どもの手の届くところに置く。

読み聞かせのあとに感想は聞かないこと

読み聞かせのあとに感想は聞かないこと

絵本の読み聞かせをしてもらっている間、子どもは心の中で色々なことを感じています。「はい、おしまい」と絵本を閉じた後も、心で思いを膨らませて感性を育てているのです。

ところが、「どうだった?」と聞かれた途端、答えようとして頭で考えはじめます。幼児期の子どもは、まだ言語能力が乏しいため、感じていることがたくさんあっても、言葉でどう表現すればいいか分からずに、混乱してしまいます。絵本の読み聞かせ後も、空想の世界で遊び続けられるように、あえて何も聞かないことが大切です。

動物イラスト