施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

幼稚園の園児のヘアスタイル事情



幼稚園に入ると、同年代だけでなく年上の友達とも接するので、おしゃれに目覚める園児が多くなります。保護者としては、清潔感のある髪型に整え、時にはおしゃれにアレンジして、園へ送り出してあげたいものです。

園児のヘアカットのコツ

園児のヘアカットのコツ

幼稚園児くらいの小さな子どもは、まだ毛量が少なく、親以外の大人に髪を触られることに慣れていません。そこで、男の子でも女の子でも、「ヘアカットは家庭で」という親も多いようです。自分でカットする際は、いくつかのコツを押さえると、より上手に仕上げることができます。まず、子ども用のカットばさみやすきばさみ、くしを用意しましょう。すきばさみを使うと、髪を切りすぎることなく、動きのある自然な毛先にすることができます。また、髪が乾いた状態でカットすることで、切りすぎや失敗を防ぐことができます。子どもの毛はくせ毛や天然パーマであることも多いですが、その場合は、無理にのばしたりせず、クセをいかしながら、いらない部分を取り除くようにカットしましょう。クセがある場合は、ランダムに切ってもうまく仕上がりやすくなります。

個性を演出する、男の子の髪型

個性を演出する、男の子の髪型

女の子と比べて変化がつけにくい男の子の髪型は、前髪のカットやスタイリングで個性を出すのがおすすめです。例えば、すきばさみを縦に入れて動きのある前髪にしたり、斜めにカットした前髪などもおしゃれです。ワックスなどを少量つけてセットすることでも、イメージが変わります。また、バックやサイドに毛量や長さがあれば、バリカンを使ってツーブロックにするのも今どきらしさがあります。ただ男の子のヘアカットは難しいので、一度ヘアサロンに行ってカットしておくといいでしょう。その後、自宅でお手入れする際の手本にもなります。イメージする髪型の切り抜きなどを持っていくと、希望が伝わりやすいようです。最近では、子どもを飽きさせないよう、専用のシートに座らせ、DVDを見せながらカットしてくれるなど、幼児のカットに対応したヘアサロンもあります。

女の子の髪型とヘアアレンジ

女の子の髪型とヘアアレンジ

女の子の親の腕の見せどころでもあるのが、ヘアアレンジです。子ども自身も、幼稚園に通い始めると、「髪を伸ばしたい」、「あの子のように結びたい」などと主張するようになります。また、七五三のために髪を伸ばしている子も多いでしょう。女の子の前髪は、短く切りそろえた「パッツン前髪」が根強い人気です。前髪が長めの子は、ゴムで結んだり、ヘアピンをとめたりするだけでも可愛く仕上がります。髪の長さは、扱いやすいショートボブの女の子も多いようですが、友達やタレントなどの影響で伸ばし始める子もいます。ロングの場合は、ポニーテールや2つ結び、おだんごヘアが人気です。高い位置につくったポニーテールを、斜めにもってくるティーンのようなスタイルもおしゃれです。他にも、ナチュラルな三つ編みや編み込み、アシンメトリーな位置に2つつくるおだんごヘアもキュートです。いずれにしても、園児の帽子の着脱や着替えの邪魔にならないヘアスタイルを心掛けましょう。幼稚園によっては、華美なヘアアクセサリーは禁止されている場合や、運動する際にけがをしないよう、ヘアアクセサリーは布製のみと指定がある場合があるので、園の方針に従いましょう。

動物イラスト