施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

幼稚園で必要な費用



幼稚園の費用については、公立幼稚園か私立幼稚園かで、大きな違いがあります。公立であれば費用が安く、私立であれば施設運営側が金額を独自に設定できるので、集金の内訳や頻度も様々という一面があります。

公立幼稚園で必要な費用

公立幼稚園で必要な費用

月謝が安い公立幼稚園を選ぶか、幼稚園の運営が各施設に一任された私立幼稚園を選ぶかで、費用には大きな違いがあります。市立などの公立幼稚園では、文部科学省の調査によると、1年間の学習費総額は約23万円となっています。幼稚園では入園にあたり、まず、事前に「入園料」を払うことになりますが、公立幼稚園では1万円以内が主流です。また、公立幼稚園の保育料は月々1万円ほどで、これらの「入園料」や「保育料」は、主に先生への給料や、光熱費、水道費として使われます。どちらも、在園児の兄弟・姉妹であれば割引となる場合があります。また、保育料以外に必要な費用は、帽子や通園バッグ代、教材費や行事費、PTA費などが主です。

私立幼稚園で必要な費用と補助金

私立幼稚園で必要な費用と補助金

一方、私立幼稚園では、どの費用をいくら集めるという制約はありませんので、保育料以外にも様々な費用が必要となるケースがあります。文部科学省の調査によると、私立幼稚園での1年間の学習費総額は約54万円です。私立幼稚園は何かとお金がかかるように思われがちですが、収入に応じた行政による補助金として、私立幼稚園就園奨励費の制度があります。私立幼稚園では、入園前に「選考料」や「検定料」が必要な園もあるようです。

入園が決まると「入園料」が必要となりますが、都市部の私立幼稚園では、入園料が10万円近いところも。こちらも、在園児の兄弟・姉妹であれば割引がある場合が多いようです。私立幼稚園の保育料の平均は、3万円前後となります。そのほか、制服がある園では、「制服代」や「体操服代」、「カバン代もかかります。

想定しておきたい、その他の費用

想定しておきたい、その他の費用

幼稚園の中には、さらに諸経費として、「給食費」や「バス代」、「PTA会費」が必要となる園もあります。給食費は、1食いくらと実費分だけを請求する園(弁当と併用できるなど)と、月決めで請求する園があります。バス代については、月決めでいくらという園が多いようですが、入園時にバス申込金という形で、バスの買い替えに備えた費用を集めるところもあります。PTA会費(父母の会費、保護者会費など)はPTAの活動費で、多くの場合は選出されたPTA役員が管理します。また、毎月園児に配る「絵本代」を1年分まとめて、または月ごとに集める幼稚園もあります。

そのほか、遠足代や観劇代、年長組のキャンプ費用など、行事にかかる「行事費用」も必要で、積み立て式で集める場合もあるようです。また、園舎や遊具の整備のための「施設整備費」や、園児の検診料金である「健康管理費」、幼稚園で使う「年間教材費」、「冷暖房費」を集めるところもあります。これらは、あらかじめ保育料に含まれている場合と、別途集める場合とがありますので、希望する幼稚園に事前に確認しましょう。任意の寄付金を集める園もあります。「費用がかかるのは、人件費や教材費をかけて、より良い保育を心掛けているから」とも考えられますから、払ったお金が保育に還元されているかどうかを見極める目が必要です。

動物イラスト