施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

幼稚園の一日



保育園とは違って、日々の保育時間が短いなか、幼児教育的な一面も担っている幼稚園。では、幼稚園の一日の流れとは、どのようなものなのでしょうか。

幼稚園の一日の流れを知ろう

幼稚園の一日の流れを知ろう

では、一般的な幼稚園の一日の流れをつかみましょう。午前中に、クラスごとで決められたカリキュラムをこなし、午後は自由に遊ぶという幼稚園が多いようです。

「登園」と「朝の仕度」

「登園」と「朝の仕度」

まず、朝8時半から9時半くらいまでの間に、園児たちが「登園」します。登園方法は、園がある地域の状況や保護者の選択により、先生とのバス通園か、保護者との徒歩通園(自転車、マイカー通園も含む)にわかれます。登園後は、自分たちで「朝の仕度」を行ないます。上履きに履き替え、帽子や荷物を置き、制服からスモックなどに着替えます。また、自分で連絡帳にシールを貼る園もあります。

子どもたちによる「自由遊び」

子どもたちによる「自由遊び」

午前10時頃から、「自由遊び」を行なう園が多いようです。または、いったん「一斉活動(クラス活動)」をしてから「自由遊び」という園もあります。「自由遊び」の時間は園庭の遊具を使ったり砂場遊びをしたり、自由に遊ぶことが多いようです。この時間に、教室で絵本を読んだり、工作をしたりできる園もあります

みんなで「一斉活動」後、昼食

みんなで「一斉活動」後、昼食

そして午前11時頃から、「一斉活動」を行なう園が多いようです。なかには、自由保育の園で、「一斉活動」がないという園もありますが、一般的には、学年が上がるにつれて、「一斉活動」の時間が増えていきます。「一斉活動」では、先生と一緒に手遊びや歌を歌ったり、絵画、工作などをして過ごしたりします。

また、特別なカリキュラムを取り入れている私立幼稚園などでは、この時間に英語や体操などの授業をします。午前11時半頃から、昼食の準備に取りかかります。お弁当持参の園、給食の園、個別に選択する園など様々ですが、目の前に食事が並んだら、歌を歌うなどしてから、「いただきます」のあいさつをします。宗教的な要素のある幼稚園では、食べる前にお祈りをするところもあります。

「自由遊び」を満喫して「降園」

「自由遊び」を満喫して「降園」

昼食を食べ終わった子は片付けをしてから、教室内や園庭に出て自由に遊びます。午後2時頃には、遊びを切り上げていったん教室に集まり、「帰りの会」を行ないます。先生から翌日の予定を聞いたり、絵本を読んでもらったり、全員で歌を歌ってから、帰りの準備をします。降園時間になると、バス通園の園児は決められた場所に集まり、コースごとに並んでバスに乗り、帰宅。徒歩通園の園児は園庭などで遊びながら、保護者の帰りを待ちます。

半日保育の日、預かり保育の日

半日保育の日、預かり保育の日

幼稚園には、通常保育日のほかに、入園後の数週間や運動会などの行事の前後、個人面談期間中、そのほかの園の事情などで、「半日保育」の日があります。「午前保育」とも呼ばれ、なかには、「年少組は、週1日半日保育」などと半日保育の曜日が決まっている園もあります。その場合は、お昼ごはんは食べずに、午前11時半頃に降園します。

ただ最近では、通常保育でも半日保育でも、降園時間後に「預かり保育(延長保育)」を実施する幼稚園が増えています。「預かり保育」を利用する場合は保育料が別料金となり、通常保育後の場合は午後4~6時頃まで、半日保育後の場合はお弁当持参で午後3時~夕方頃まで園で保育してもらうことができます。

動物イラスト