施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園の園長・副園長



赤ちゃんから小学校に上がるまでの就学前の子どもたちを預かり、健やかな成長を願って保育をする保育園。そんな育ちの場の総責任者が園長・副園長です。

保育園で楽しく過ごしたいと願う子どもたちの当たり前の思いを受け止め、保育を充実させるために、園長と副園長はスタッフをまとめて、対外交渉もしながら力を尽くしています。

園の運営全体を束ねる園長

園の運営全体を束ねる園長

職員の勤務ローテーションを最終決定したり、給与の額を考えたり、施設整備に目を配ったり…。補助金などについて、行政とやりとりをするのも園長です。保育園のありとあらゆる仕事を取りまとめて責任を担うため、多忙な日々ですが、職員の意見なども取り入れながら、自分が理想とする保育園を運営、経営することができる、やりがいのある職業といえます。

園長の役割

園長の役割

保育士をはじめ、給食の調理担当、看護師、事務職員、用務員など園内の職員みんなが存分に力を発揮できるように、日々、様子を見守りながら、園の責任者として保護者と関わり、様々な組織との交渉なども行なっています。クラス担任や給食室など園内各担当の代表が集まる連絡会から、姉妹園の園長・副園長会議、市区町村の園長会、学童クラブなども含めた会合など、出席する会議もたくさん。

お昼前になると、給食室からその日の給食の味などを確かめるための検食が届きますが、毎日この検食役をするのも園長の仕事です。子どもの入園相談や職員の新規採用についての問い合わせなどの電話にも対応します。

会議、電話応対、勉強会、父母会と、忙しい毎日ですが、子どもたちの様子を知るために、こまめに保育士と打ち合わせをすることも大切。各クラスの保育士が記入している保育日誌を読んだり、時間を見つけては園児の輪の中に入ったり。園の運営、経営に関わることすべてが園長の仕事です。

園長になるには

法令上は、施設長(園長)に保育資格の必要はないものの、保育士の資格を取得後、保育士として現場で経験を積み、クラスリーダー、主任保育士、副園長と職階が上がっていって園長になるケースが多いです。市区町村によっては、「認可園の園長は現場経験○年以上」と条件を設定しているところもあります。

補佐として園全体に目を配る副園長

補佐として園全体に目を配る副園長

副園長は、保育園のあらゆる責任を負う園長が、一人ではまかないきれない部分をサポートするのが役目になります。保育園の規模によっても仕事の内容は様々ですが、行政との交渉といった対外的な仕事を担ったり、園内で子どもたちを見守りながら保護者とも関わったり。何事にも迅速に対応できるよう、子どもたち、職員、保護者にも常に目配りしつつ、園全体の状況を把握しておくことが求められます。

園長と同様に副園長もとくに資格は必要ありませんが、公立保育園の場合は、保育士として現場でキャリアを積んだ後、副園長を任され、その後、任用試験などを受けて、合格すると園長に昇進するケースが一般的です。私立保育園の場合は、法人関係者が園長で、主任的な役割を副園長が担っているところもあります。

動物イラスト