ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保育園・幼稚園情報

保育園の保育補助



認可保育園では、勤務時間は原則として8時30分から17時の間で、休日は土曜、日曜の週休2日というのが一般的でした。

しかし、最近では20時まで開いているところも多くなっています。保育補助は、常勤で働く保育士職員をサポートする業務を担っています。

保育補助の役割

都市部では、朝7時から園児たちの受け入れを始め、20時に最後の園児を見送るという保育園が増えています。夜間保育や24時間保育を行なっているところも含めて、1日8時間以上の保育を実践する保育園では、早番・平常番・遅番などのように、保育士の勤務時間をシフト制にして調整していることがほとんどです。

保育補助は、早朝や17時以降の時間帯、職員が夏休み中の時期など、常勤で働く保育士の人手が足りない場合に、保育の補助業務を行ないます。保育補助の勤務内容は、2時間から3時間の短いものから、遅番・早番ありの7時間勤務まで幅広く、勤務日数は2日以上という場合が多いです。

主な仕事内容

保育補助の仕事は、常勤で働く保育士職員とほとんど変わりません。朝からの勤務で、登園する子どもたちの受け入れを手伝う場合には、前日の退園後から今朝までの様子を保護者から聞き、子どもをしっかりと見て、健康状態なども確かめます。

散歩や園庭遊び、給食の配膳の準備や後片付けのほか、子どもたちが昼寝をしている間は、室内の整理整頓や掃除をしたり、午前中の散歩で使ったタオルの補充をしたり。他にも、保育のための遊具や飾り作り、電話対応などやるべきことは様々。担当する月齢によって、業務内容はがらりと変わってきます。

夕方以降の勤務でも、子どもの見送りがあるので、保育補助とはいえ保護者との関わりもあります。ただし、時間ごとの勤務になるので、保育日誌を記入したり、保育立案計画に関わったりすることは、ほとんどないという場合が多いようです。

各保育園の状況によっても違ってきますが、保育補助は、保育士の手の回らない部分をこなす人員というスタンス。それでも、子どもたちにとっては、一緒に歌を歌ったり、何かあると気に掛けてくれたりする、常勤の保育士さんと同じような存在です。

保育補助になるには

私立の保育園では、園ごとに募集をしています。公立の保育園は、行政の募集に応募し、採用されれば働くことができますが、随時募集による登録制を取っているケースもあります。その場合は、公立の保育園で欠員が出ると連絡が入るという形になるので、登録されたからといって、すぐに仕事に就けるとは限りません。

一般的な応募資格は、子ども好きで体力があり、心身ともに健康な人。保育園での保育経験のある人は優遇されますが、高卒以上の学歴があれば、資格や経験は問わない場合も多いので、保育士の資格がなくても働くことができます。事前に、0から5歳の発育や各年齢の遊びの内容、絵本の読み方などを勉強しておくと、仕事をする上で役に立つのでおすすめです。

保育園には、短大を卒業したばかりの10代の先生から50代のベテランまで、幅広い年齢の保育士がいます。様々な職種の職員が力を合わせ、チームワークで子どもに関わっているので、協調性も必要です。

動物イラスト