施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園のママ友との
お付き合い事情



仕事と育児を両立させている保育園ママ同士のお付き合いは、専業主婦が多い幼稚園ママ達とは違って、あまり盛んではないのが現状です。中には、「ママ友がいないから、保育園での子どもの様子がわからない」といった悩みをもつ人も。保育園にママ友がいるメリットや、ママ友の作り方も考えていきましょう。

保育園ママに、ママ友が少ない理由

保育園ママに、ママ友が少ない理由

園の方針にもよりますが、保育園は、保護者会の活動があまりないなど、親の出番をできる限り少なくしているケースが多いようです。これは仕事を持つ親が多いことからの配慮で、助かる反面、親同士の交流もなく、ママ友がいない人が多いというデメリットがあります。

園からも、個人情報保護の理由で、親同士の連絡先を必要以上には知らせません。保育園児の親同士が顔を合わせるのは、朝、子どもを送るときやお迎えのタイミングですが、朝は慌ただしい出勤前で、帰りの時間はそれぞれバラバラです。また、帰りは疲れた体で空腹の子どもを迎えにきているうえ、その後も夕飯やお風呂の仕度、寝かしつけが待っています。ママ友とゆっくり話す余裕はなかなかありません。家族で過ごしたり、ゆっくり家事をする時間は休日だけになりますので、親子ともに、友達と深いお付き合いをする時間的・精神的余裕がないという人も多いようです。

また待機児童が少ない自治体では、専業主婦や勤務時間が少ない人も保育園に通える場合があり、忙しいフルタイム勤務の親とは温度差があるという現実もあります。

保育園にママ友がいてよかったこと

保育園にママ友がいてよかったこと

忙しい毎日の中で、ママ友は必要ないという考えの人もいると思います。ただ、子どもは4~5歳頃になると、遊び相手が親では物足りなくなり、友達の存在を求めます。しかし、1人で遊びに行けるほどの年齢ではないので、休日などに親子で付き合える気心の知れた保育園の友達がいることは、とてもプラスになります。

また、近所の保育園で出会った子どもの友達は、小学校に上がってから、学童保育でも一緒に過ごす仲間にもなり得ます。フルタイム勤務などの立場で、仕事をずっと続ける母親にとっては、友達とともに子どもが楽しく保育園や小学校に通う姿は、とても心強く感じられるはずです。

もちろん、自分にとっても、仕事も育児も頑張り、家事もこなす保育園ママは、「同志」のようなもの。深い付き合いをする仲になると、急な残業などのときに勤務先から電話をかけて、先に仕事が終わる母親に迎えを頼む関係という人もいるようです。

また、時には子連れで、もしくは夫に子どもを預けて、飲み会を開催するママ友グループもあります。周囲に気兼ねなくお酒を楽しむことができるのも、日頃から家事と育児、そして男性に負けずに仕事をこなしているからともいえるでしょう。

保育園でのママ友の作り方

保育園でのママ友の作り方

まず、子どもに保育園で仲良くしている友達のことを聞いてみましょう。誰と仲良くしているかわからなければ、保育士に園での様子を聞いてみるのもいいでしょう。

そして、送迎や園の親子行事などで相手のママと出会い、お互いに心の余裕がありそうな場合に、「いつも仲良くしてもらっています。うちの子、○○君のことが大好きみたいで」などと話し掛けてみましょう。「おうち、ご近所ですか?」など、徐々に話し掛ける回数を増やし、相手も会話を楽しんでいる様子なら、メールアドレスを渡したり、「休日に遊びにきてください」と誘ってみてはどうでしょうか。

親子共に相性が合う友達との出会いがあれば、保育園ライフは、ますます楽しく、心強いものとなるでしょう。

動物イラスト