施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園入園準備グッズ



入園が決まったら、保育園で使うための入園グッズをそろえるのも楽しみのひとつ。でも、先走りは禁物です。入園グッズには、個人で準備しなければいけないもの、園で準備してくれるものがあり、園によっては「手作りして下さい」といわれることもあります。子どもの服装も、指示があるところもあれば、まったく自由な場合も。必携品は園によって異なるので、園からの説明をしっかりと聞いてから、入園グッズの準備に取りかかりましょう。

おむつは布か紙か

おむつは布か紙か

入園する保育園からの説明をよく聞き、分からないことがあったら遠慮せずに質問することが大切です。おむつひとつをとっても、「布おむつを使い、使用済みのものは各自お持ち帰り」、「紙おむつでも大丈夫」など、園ごとに様々。保育園入園を機に、布おむつの準備を始める場合、足りない状況になっては困るので、少し多めに準備しておきましょう。洗濯のことも考えて、乾きやすい輪形の布おむつなら20枚程度、おむつカバーは6~7枚あると安心です。

お昼寝用寝具とパジャマ

お昼寝用寝具とパジャマ

お昼寝用寝具を各自で用意する場合は、持ち運び用のバッグもついたセットが便利です。カバーのみを用意する必要があるときは、まず市販品のカバーでも良いかどうかを園に確認します。市販品でちょうどいいサイズがない場合は、自分で手作りするか、オーダーするか、知人に頼むか、早めに決めて取りかかりましょう。お昼寝用布団もカバーも園にあるものを使う場合でも、頭の部分に敷くバスタオルなどは、各自で用意しなければいけないということもあります。お昼寝のときにパジャマに着替えるかどうかも園によって違います。パジャマ着用の園なら、前開きのものなど指定があるかどうかを確認してから購入を。

着替え服のアドバイス

着替え服のアドバイス

保育園では、とにかくたくさんの着替えの服が必要になります。上下つなぎはダメという園もあり、0~1歳児で入園する場合には戸惑うことも。しかし、入園までに服を買い替えなければいけないということではありません。「今はこれしかなくて…」と伝えておき、それ以降、服を買い替えるときには、上下別々のものを選びましょう。

パジャマを利用しない園では、普通の服のまま寝ることになるので、ボトム類はやわらかめの素材で動きやすいものを用意するのがおすすめ。幅広のフリルやリボン、フードのついた服は、遊具に引っかかったり、他の子がひっぱったりするとケガのもとになるので、避けるのがベターです。

すべての持ち物に大きく記名

すべての持ち物に大きく記名

服、靴下、おむつ、袋物、その他すべての持ち物に必ず記名をしましょう。「誰かに譲るかも」、「見栄えが悪い…」という気持ちから、タグの裏などに名前を書いてしまいがちですが、保育園生活ではそのような考えは禁物です。どこの保育園も、名前の書かれていない忘れ物が山のようにあります。それを防ぐためにも、誰にでもすぐ分かるところに、洗濯しても消えない油性マジックなどで、大きくはっきりと書くことがポイントです。

保育園入園の際に必要な定番入園グッズ

保育園入園の際に必要な定番入園グッズ

帽子(ゴムつき)、着替えの服、パジャマ、食事用エプロン(1歳までは袖つきが定番)、マザーズバッグ、おむつ・おむつカバー、タオル類、連絡帳、靴・上履き、お昼寝用寝具類、着替えや上履きを入れる袋物

動物イラスト