施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園のセキュリティについて



子どもが一日の大半を過ごす保育園のセキュリティが一体どうなっているのかは、とても気になるポイントです。園によっては、セキュリティ対策がまったく行なわれていないところもあります。どのようなセキュリティ対策が施されているか、事前にきちんと確認しておきましょう。

安全を守るオートロックシステム

安全を守るオートロックシステム

保育園では、オートロックシステムを採用している施設が多いようです。ほとんどのところでは、送迎のために保護者が頻繁に出入りする9時より前の時間帯と夕方を除く、通常保育時間の9時から16時の間は、門扉と施設の扉にはしっかりとロックが掛けられます。カメラ付きインターホンを使って、職員が身元を確認してからでないと、人の出入りはできません。

セキュリティ対策がしっかりと取られている保育園では、園児カードが鍵の代わりになっているところもあります。扉にカードをかざすと、登園・降園の時刻が記録され、扉を閉じればすぐにロックがされるので、園児が園外に出てしまったり、部外者が保育園内に侵入したりするのを防ぐことをできます。保護者には専用のICタグが渡されるので、送り迎えで保育園内に入る時には、正面玄関の前でICタグをかざしてドアを開けることになります。セキュリティがしっかりとしている保育園は、面倒に感じる部分もあるかもしれませんが、その分、安心して子どもを預けることができるのです。

お迎え時のセキュリティ

お迎え時のセキュリティ

保育園から園指定の保護者バッジを渡され、送り迎えなどで保育園を訪れる際には、必ずこの保護者バッジを付けるようにと指示されるケースもあります。また、祖父母やベビーシッターなど、両親以外のいつもとは違う人がお迎えに行くようなケースでは、必ず事前に保育園へ連絡をしておかなければいけません。園によっては、送迎する人の写真を前もって提出しなければならない場合もあります。送迎カードを持っていない人には、どんな理由があっても子どもを引き渡さないなど、お迎えに関しては、厳しくチェックをしている保育園が多いようです。

防犯カメラを使った安全管理

防犯カメラを使った安全管理

最近では、防犯対策、安全管理の一環として、園内に防犯カメラを設置している保育園も増えてきています。中には、インターネット遠隔監視を活用して、保育園内の様子を保護者がパソコンなどで、リアルタイムに見られるようにしている施設もあるようです。その場合は、別途有料のサービスとしている場合がほとんど。防犯ビデオの映像を見るためには、パスワードを入力する必要があるので、まったく知らない人が見るという心配はありません。

その他のセキュリティ

保育園では、他にも様々な防犯設備を取り入れています。その一例をご紹介しましょう。

  • 非常時ボタンを導入して、警備会社と連携
  • 各保育室に防犯無線機を設置
  • 1階の出入り口などの窓に強化ガラスを採用
  • 防犯センサーを使った防犯対策の強化
  • 警察直通の電話回線を設置
  • 万が一の撃退法として各クラスに備えている消火器を使用
  • 催涙スプレー、サスマタなど
動物イラスト