ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保育園・幼稚園情報

保育料はどのように決まるのか



保育園に子どもを預けたいと思ったときに、まず気になるのが保育料です。安心を得るためにある程度の金額がかかるのは仕方のないことですが、収入が低いのに保育料が高いと、働いた分がすべて保育料になってしまうということもあり得ます。

保育料は、認可か認可外かなど保育施設の種類によって仕組みが違ってきますが、どちらも子どもの年齢が低いほど保育料は高くなります。

認可保育園は所得に応じた額

認可保育園は所得に応じた額

認可保育園の保育料は、国の基準に基づいて自治体ごとに定められ、同じ自治体内であれば、公立も私立もすべて共通です。金額は、家庭の所得に応じた額が設定され、収入が多いほど保育料を多く払う「応能負担」というシステムが取られています。また、国の基準を最高額として、自治体ごとに独自の保育料の軽減措置も行なっているため、認可保育園の保育料には、地域によって差があります。例えば、国の基準そのままの保育料だと、最高額は3歳未満児で月額104,000円、3歳以上児は101,000円となりますが、名古屋市の場合は、3歳未満児で64,000円、3歳以上児は28,900円に。第2子になると、保育料はさらに半額になります(平成25年度の場合)。財政が豊かではない自治体は、国の基準のとおりの保育料となっているところもあるので、その差はかなりのものです。

認可保育園の保育料は支え合いのシステムで、家庭の経済状態により子どもが受けられる保育が制約されないよう、家計に配慮した額になっています。保育料は前年の世帯所得税額と子どもの年度当初の年齢で決まります。私立の認可保育園では、制服代や教材費などが別途かかる園もあるので、費用については入園前に確認しておきましょう。

認可外保育園は園ごと保育料を設定

認可外保育園は園ごと保育料を設定

認可外保育園の場合は、それぞれの施設で保育料を決めており、家庭の所得に関係なく、子どもの年齢ごとに保育料は一律になっています。認可外保育園の保育料は、認可保育園に比べると割高の傾向があり、月に100,000円を超えるケースも少なくないようです。また、認可保育園では入園料は必要ありませんが、認可外保育園の場合は入園料がかかる場合がほとんど。その金額も園ごとに違ってきますが、10,000円から50,000円程度が相場になっています。

保育料の援助が出る自治体もある

保育料の援助が出る自治体もある

本当は認可保育園に預けたかったのに、待機児童が多くて入れなかったというケースの多い地域では、不公平感をなくすための施策として、認可外保育園に子どもを預けている世帯に対し、保育料を援助する自治体も増えてきています。住んでいる地区町村でどのような補助があるのかを事前に調べておくと役に立ちます。

延長保育料について

延長保育料について

認可保育園も認可外保育園も、延長保育を利用する場合には、保育料に延長料金がプラスされます。延長保育料については、公費助成で延長保育を実施している園とそうでないところがあるため、同じ市区町村内にある認可保育園でも全園共通ではなく、園ごとに金額は違ってきます。月決め延長保育料のところもあれば、利用に応じて延長料金を支払うスポット利用というシステムの保育園もあります。夕食代はまた別払いなど園ごとにそれぞれ違っているので、最初に確認しておきましょう。

動物イラスト