施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

保育園での乳児の一日の過ごし方



0歳児は月齢や発達段階によって、授乳、離乳食、睡眠の時間がまちまちです。1歳児でも、朝が早いと午前中に眠たくなってしまう子もいます。保育園では、それぞれの子どもの生活リズムに合わせた乳児保育が行なわれています。

乳児の保育園での活動内容

乳児の保育園での活動内容

国が定める保育士の最低基準人数は、0歳児3人に保育士1人、1歳~2歳児の場合は、子ども6人に対して保育士は1人です。認可保育園では、この基準以上で有資格者の保育士を配置しているとはいえ、家で1対1の子育てをしている保護者からすれば、「1人でも大変なのに大丈夫なの?」と思うかもしれません。でも保育園は、保育室全体がその年齢に合った子どものための環境として整えられているので、0歳児クラス、1歳児クラスの乳児も落ち着いて、機嫌良く遊んでいます。

保育園では、0歳児は月齢と個人差に応じて、一人ひとりに合った一日の保育プログラムが組まれ、生活のリズムが徐々に整っていくような保育が実践されています。1歳児の場合も月齢と個人差を踏まえながら、一日の保育プログラムをゆったりと組み、生活のリズムの中で、遊ぶ、食べる、眠るといったことに意欲的に取り組めるような乳児保育がされています。

一般的なタイムスケジュール

一般的なタイムスケジュール

保育園での乳児の一日の過ごし方を一般的なタイムテーブルを例にご紹介しましょう。

8:00 登園

保育園によっては、赤ちゃん体操をしたりすることも。保育士と楽しくコミュニケーションを取りながら体をマッサージしてもらうと、リラックスして1日がスタートできます。

9:00 自由遊び

0歳児クラスや1歳児クラスでも、時間に沿って工作をしたり、絵を描いたりします。幼児は何でも口に入れてしまいますが、舐めても大丈夫な乳児ペンなどでお絵描きをするので安心です。

9:30 散歩

散歩は乳児にとって魅力的な活動のひとつ。みんなで歌を歌いながら、新しいものを見たり、聞いたり、触れたりして体験を広げます。0・1歳児クラスはベビーカーに4~5人をのせて出掛けるのが一般的です。

10:30 午前睡

機嫌良く意欲的に生活するには、睡眠欲などの生理的欲求が満たされていることが重要です。保育園では生後何ヵ月だから何回の睡眠と型にはめず、個々の成長に合わせた睡眠を取らせるようにしています。

11:45 給食

0歳児の給食では、一人ひとりに合わせたミルクや離乳食が作られています。さらに月齢に合わせて、1回食、2回食にも対応してくれます。

13:00 午後睡

たっぷりと遊んで、お腹も満たされたら、お昼寝の時間です。0歳~1歳半ころまでの子どもたちは、保育園でたいてい2回寝をします。

15:00 おやつ

おやつも乳児と幼児ではメニューが違ってきます。0歳~2歳児くらいの小さい子どもたちには、午前中にもおやつが出る場合もあるようです。

16:00 各自降園

お迎えのきた子どもから降園していきます。認可保育園では、開所時間の11時間を超えると延長保育になりますが、乳児については延長保育をしない園もあります。

動物イラスト