施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

認可保育園の
公立・私立の違いとは



保育園の「公立・私立」の違いを「認可・認可外」と混同している人が多いようです。認可保育園とは、国が定める認定基準をクリアし、国や自治体からの運営費を受けて保育を行なっている保育園を指します。公立も私立も準拠する最低基準は同じで、同市区町村内なら保育料も一緒です。公立・私立ともに入園の申し込みも市区町村が行なっています。では、それぞれにどんな特徴があるのか、例を挙げてみましょう。

保育レベルが均一な公立

保育レベルが均一な公立

公立は、市区町村が設置している保育園のこと。公立保育園には、園ごとの保育スタイルの違いが比較的少ないといわれています。そのため、同じ地域の公立園なら、保育の質はほぼ均一です。保育士も公務員で、私立と比べると勤続年数の長いベテランがそろっています。専門職としての研修や勉強のチャンスに恵まれているのも公務員の保育士ならではの特徴です。園庭があるところが多く、給食は園内の調理室で作られています。

ベテランの保育士が多くいるため、ゆとりのある保育ができるという長所が生かされる反面、公立保育園は臨機応変さに欠けるというイメージを持たれがちですが、必ずしもそうとは限りません。ただ、延長保育や0歳児保育の実施率は、私立よりも低くなっています。また、保育士には同じ市区町村の保育園の間で、数年ごとに人事異動があるので、卒園してから園に遊びに行っても、知らない先生ばかりになっていたということも多々あります。

それぞれの個性が出る私立

それぞれの個性が出る私立

私立の大半は社会福祉法人が運営していますが、2000年から規制緩和がされ、企業やNPOなども運営できるようになりました。認可の私立保育園は、保育の内容や雰囲気に、経営する母体や園長のカラーが反映されていて、それぞれに個性があるのが特徴です。キリスト教や仏教など宗教の思想をベースしている園もあれば、地域の子育て支援事業などを積極的に行なっているところもたくさん。ユニークな保育内容が多くありますが、公立に比べると保育の質の差は大きいです。

自治体によっては、社会福祉法人には出る運営費の補助が、企業には出ないところもあり、人件費にゆとりのない地域では、保育士の平均年齢が若くなりがち。入園してから驚くことがないように、どんな保育をしているのかを事前に見学するようにしましょう。基本的には、私立保育園の方が0歳児保育や延長保育、休日保育などのサービス的な部分が充実しています。日常の保育についても、横並びの公立よりも私立保育園の方が、融通が利きやすい傾向があるようです。

公立でも中身は私立の公設民営保育園

公立でも中身は私立の公設民営保育園

認可保育園の中には、市区町村が設置し、運営は民間に委託している公設民営の保育園もあります。公設民営園の場合は、公立ではしていないような保育サービスを取り入れているところが多いというメリットがありますが、働いている人は公務員ではなく、比較的若い保育士が多いです。また、公設民営保育園には、運営委託の契約期間があり、もし別の民間に委託が変わったりすると、新しい事業者の職員に入れ替わります。その場合、保育士も変わってしまうので、子どもたちが戸惑うことになりますが、民間にはレベルの高いところもあるので、そういった事業者が引き継いだことで、保育士の質が前より良くなったというケースもあるようです。

動物イラスト