施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

親と子がともに成長できる
保育園の行事



保育園での行事を通じて、人と人との関わりやつながりを強め、ご近所さん感覚で情報を共有することは、親だけでなく、子どもが健やかに成長できる保育環境づくりにも役立ちます。親と子がともに成長できる行事にはどんなものがあるか、ピックアップしてみました。

保護者の一日保育士体験

保護者の一日保育士体験

保育園との関わりや子どもへの理解を深めて欲しいとの思いから、「一日保育士体験」を実施する保育園が増えてきています。保護者は、自分の子どものクラスに入り、朝の受け入れからクラス活動、給食、お昼寝、おやつ、自由遊び、夕方のお迎えまで、一日保育士として保育に参加します。

大勢の子どもたちとともに過ごしながら、一日の保育プログラムを実体験することで、子どもを客観的に見ることができ、育児に対する視野も広がるようです。子育てのヒントが見つかったりするだけでなく、家庭でのしつけを見直す良い機会になります。保育園と保護者との相互理解もさらに深まるので、子どもにとっても、より良い環境を築くことができるというわけです。

一日保育士体験は、入園説明会や入園のしおりなどで告知があり、5月下旬から年度末にかけて、各クラス1日1名限定で実施されます。希望する保護者だけが一日保育士体験に参加する場合もあれば、全保護者にできる限り参加してもらう方針の保育園もあり、実施のスタイルは様々のようです。

ネットワークづくり

ネットワークづくり

父母会は、保育園に通う園児の保護者たちが集まる行事です。小学校のPTAとは違って、基本的には親は全員参加になっていて、保育園を快適なコミュニティにするために必要不可欠なものです。親同士の付き合いがないと、子どものために協力したり、ピンチのときに助け合ったりする関係も生まれません。

父母会では、夕涼み会、バザー、もちつき、親子遠足、絵本の読み聞かせのような、親と子こどもがともに楽しめるイベントを行なったり、救命処置、食育、いじめ問題をテーマにした親のための勉強会・講習会を開催するなど、活動内容は保育園によって違ってきます。給食の内容や行事の土日開催、待機児童解消などの陳情活動をするところもあるようです。

父母会のメリット

父母会のメリット

面倒と思いがちな父母会活動も、関わってみるといいことがたくさんあります。父母会は保護者の自主的な活動になっている場合がほとんどです。物事を決める際は、園の了解が必要だとしても、基本的には親たちだけで何でも決められるので、達成感が味わえるといいます。最近では、保護者が忙しいからと父母会を廃止してしまう保育園もあるようですが、例えば、公立保育園の民営化や私立保育園の助成金カット、園舎の建て替えや移転問題が生じたときに、父母会がないと保護者の意見をまとめて経営者に伝えることもできません。

また、父母会の役員になると、自然と他のクラスの親とも親しくなることができます。上のクラスの保護者から、アドバイスや情報を得る機会も増えるので、保育園生活の不安を解消できたり、親しくなった親同士でお迎えが遅れるときには、協力して互いの子どもの面倒を見たりとたくさんのメリットがあるようです。

動物イラスト