ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保育園・幼稚園情報

保育園の設備



保育園内には、乳児室、保育室、遊戯室、医務室、調理室、トイレ、園庭など様々な設備があります。認可保育園も認可外保育園も、園児の数が多いほど、設備も充実する傾向が強いようです。認可保育園の場合は、厚生労働省の「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」に定められている最低基準をクリアしなければなりません。「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」には、保育室の広さ、調理室などの設備、園庭(屋外遊技場)、防火、避難路についての規定があります。その内容を見てみましょう。

保育室について

保育室について

保育園を管轄する厚生労働省の規定では、乳児や満2歳に満たない幼児の保育を行なう保育園には、乳児室または赤ちゃんがハイハイできるほふく室、医務室、調理室、トイレを設けることが義務づけられています。乳児室の面積は1人当たり1.65㎡以上、ほふく室は1人当たり3.3㎡です。2歳児以上の場合は、保育室または遊技場、屋外遊技場、調理室、トイレの設備が必要とされています。面積は、保育室または遊戯室が1人当たり1.98㎡と決められています。

さらに、乳児室、ほふく室、保育室または遊技場を2階以上に設ける場合には、屋内階段と屋外階段の設置、避難用として待避をするうえで有効なバルコニーを設けること、建築基準法が規定する耐火建物か順耐火建物であることなど、細かく規定が設けられています。保育園によっては、2階からの避難階段と遊びの空間を兼ねるなど、安全性を第一に考えながら、限られたスペースを有効活用できるように、様々な工夫を凝らしています。

屋外遊戯場

屋外遊戯場

屋外遊技場とは園庭のことです。この広さも厚生労働省が「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」で最低基準を設けています。満2歳以上の幼児1人につき3.3㎡以上の専用の屋外遊技場が必要としていますが、基準の専用面積を確保できないときには、近隣の公園などで不足分を補うことができます。

また、用地不足で地上に利用可能な場所がない場合には、トイレ、水飲み場、防災上の設備があれば、屋上に屋外遊技場を設置することも可能とされています。自治体が特に必要と認めた場合については、基準面積の1/2を上限に専用の面積を減らすケースもありますが、いつでも外に出て、安全に遊べる屋外遊戯場のスペースがしっかりと確保されている園と、そうでないところでは、子どもの運動量も大きく違ってくるようです。

調理室

調理室

調理室は一般的に、子どもが行きやすい場所にあることが望ましいとされています。また、食育のことなど様々な連携をするうえで、保護者が足を運びやすい雰囲気であることも大切だといわれています。最近では、調理室の隣に多目的スペースを作る園が増えているようです。ランチタイムには、そこを食堂として使うことで、異年齢の子どもと交流する機会が増え、輪が広がっていくのはもちろん、豊かな感性を育むことにもつながります。他の時間は、保護者が気軽に集える子育て支援室として利用したりすることも多いようです。

動物イラスト