施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

赤ちゃんが急に病気になったらどうすればいい?
乳幼児の救急対処法


乳幼児の救急対処法【発熱・病気編】

夜間に子供が高熱やけいれんを起こした場合、救急外来に連れていくべきか、救急車を呼ぶかどうか、判断に悩んでしまいがちです。

また、不慮の事故で呼吸困難に陥った場合や、意識が無くなった場合は、迅速な対応が必要になります。

発熱時の対処法

発熱時の対処法

乳幼児に見られる発熱の原因の多くは、風邪やインフルエンザなどの感染症です。

熱が高くても、食事や睡眠がいつも通りなら慌てる必要はありませんが、症状や月齢に応じて緊急に診察が必要な場合もあります。

乳幼児が発熱したとき、次のような場合には、すぐに診察を受けましょう。

  • 生後6ヵ月未満の発熱(それ以降の月齢でも40.5℃以上の場合は緊急に診察を受ける)
  • ぐったりしている、機嫌が悪い、顔色が悪いなど、いつもと比べて明らかに様子が違う
  • 咳や下痢、嘔吐がひどい
  • けいれんを繰り返す、もしくは5分以上続く

家でできる処置

家でできる処置

発熱時には、室内を乾燥しないように注意して、快適な温度と湿度を保つようにしましょう。暑すぎず、寒すぎないように重ね着などで体温調節をし、汗をかいたらこまめに拭き、着替えをさせます。

また、乳幼児用のイオン飲料やお茶、白湯などで、十分に水分補給をすることも大切です。子供が嫌がらないようであれば、頭やわきの下などを冷やしてあげると良いでしょう。

解熱剤を使う場合は?

解熱剤を使う場合は?

高熱で子供がぐったりしている場合などには、解熱剤を服用させます。ただし、原則として生後6ヵ月未満の乳幼児には使いません。

また、解熱剤でいったん熱が下がっても、病気が治ったわけではありません。必ず医師の指示にしたがって服用を続け、油断せずに様子を見守りましょう。

けいれんを起こしたら

けいれんを起こしたら

乳幼児のけいれん(ひきつけ)の多くは、発熱に伴う「熱性けいれん」です。

夜間に起こることが多く、初めての場合は親も慌ててしまいますが、5分以内に治まるようであれば、嘔吐物などでのどを詰まらせないよう、横向きに寝かせて安静にし、けいれんが治まったら救急外来へ連れていきましょう。

けいれんが5分以上続くようなら、救急車を呼びましょう。

動物イラスト