施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

ホームメイト保育園・幼稚園リサーチ

保育園・幼稚園情報

子どもの夏の肌トラブル、あせもや虫刺され対策



小さな子供、特に赤ちゃんに多く見られる「あせも」は、どうしてできるのでしょうか。

かゆくてつらい「あせも」は、できれば発症させないように注意したいものです。ここでは、あせもの基礎知識と対処法、普段から心がけたいあせもの予防法をご紹介します。

あせもの基礎知識

あせもとは、汗腺(かんせん)に汗が詰まって皮膚が炎症を起こした状態で、炎症を起こした場所に細かいピンクの点々ができる症状です。

頭やおでこ、首、脇の下、手足のくびれたところなど、かいた汗がたまりやすく、皮膚と皮膚、または皮膚と衣服がこすり合うところに多く発症します。

赤ちゃんが汗をかく理由

赤ちゃんが汗をかく理由

人間は汗をかくことで、体温調節や老廃物の排出を行なっています。特に、赤ちゃんは大人よりも呼吸数が多く、エネルギーを作っては消費することを繰り返しているため、新陳代謝が活発です。そして、新陳代謝が行なわれる際に熱が生じるため、汗をかきやすいと言われています。

また、人間の体には汗が体外に出るための通り道である「汗腺(かんせん)」がありますが、この数は大人も赤ちゃんも同じであるため、身体が小さい赤ちゃんは汗をかく量が多いのです。

あせもの原因

あせもの主な原因には、「高温多湿」、「圧迫」、「直射日光」などがあります。日本の夏は高温多湿で、あせもになりやすい環境です。

また、熱帯夜などには、ぐっすり眠っていても布団に密着した部分は圧迫され、汗が詰まりやすくなっています。特に赤ちゃんは、汗をかきやすいうえに、おむつのギャザーやテープ部分、チャイルドシートなど、圧迫される機会が多いため、あせもができやすいとされています。

さらに夏になると、行水や水遊びをする機会も多くなりますが、水に浸かっていない部分に直射日光が当たることで、熱を生じて汗をかくため、あせもができてしまうと言うケースもありますので、注意が必要です。

あせもの予防法

おしぼりやタオルで汗をふく

おしぼりやタオルで汗をふく

睡眠中の背中や、赤ちゃんのおむつのギャザーやテープ部分など、圧迫されて汗をかきやすい部分は、柔らかいタオルでこまめに拭いてあげると良いでしょう。また、外出時などは、冷たいおしぼりで脇の下やおでこなどを拭くと、汗をコントロールでき、あせもの予防に効果的です。

なお、汗を拭きとる際には、あまり肌をこすらず、汗をやさしく吸い取るようにすると良いでしょう。

シャワーで体を清潔に保つ

体調が悪い場合を除いて、最低でも1日に1回、入浴するようにしましょう。

また、自宅にいて多量の汗をかいている場合には、こまめにシャワーで全身を洗い、清潔に保つようにすると、あせもを防ぐことができます。

エアコンを上手に利用する

エアコンを上手に利用する

蒸し暑い夏を乗り切るためには、エアコンが不可欠です。しかし、小さな子供がいる家庭では、なるべくなら使いたくないものです。ただし、真夏の気温が30℃を越すことが多い現在では、エアコンを使用した方が、赤ちゃんや子供にとっては快適で、自律神経も働きやすいと言われています。

エアコンを使う場合は、湿度や温度を適度に調節して、必要以上の汗をかかないような環境づくりを心がけると良いでしょう。

また、赤ちゃんや子供に直接冷気が当たらないように注意しましょう。

あせもの対処法

あせもができたときには、まず、汗腺の詰まりを取り除く必要がありますので、人肌程度のシャワーで肌を洗い流すと良いでしょう。ただし、何回も流しすぎると肌が乾燥してしまいますので、石鹸を使う場合は1日1回程度にします。

また、ひどくなったら専門医へ行きましょう。あせもは、適切な処置を施せば短期間で治るケースがほとんどです。しかし、場合によっては細菌に感染してしまったり、あせもをかきむしって湿疹(しっしん)になるケースもあります。

その際には、自己治療を避け、専門医に診てもらうようにしましょう。

動物イラスト