ご希望の保育園・幼稚園情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

スタディピア
保育園・幼稚園
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保育園・幼稚園情報

家でできる子供の夏風邪対策


家でできる子供の夏風邪対策

夏風邪には、急な発熱や発疹、喉の痛み、胃腸障害などの症状があらわれます。一般的な市販の風邪薬は、冬の風邪の咳や鼻水等の症状を抑えるためのもので、夏風邪にはそれほど効果がありません。

また、夏風邪は潜伏期間が短く、保育園や幼稚園などで大流行するケースもあります。ここでは、「夏風邪」の特徴や予防方法などについてご紹介します。

夏風邪の予防対策

夏風邪の予防対策

夏風邪は、唾液や便などから感染しますので、帰宅後の手洗いやうがいを徹底するようにしましょう。

また、日ごろから規則正しい生活とバランスの良い食事を心がけ、体調を整えておくとかかりにくくなります。なお、家族が夏風邪にかかった場合には、他の家族と同じタオルを使わせないようにして、二次感染を防ぐようにしましょう。

家でできるケア

家でできるケア

暑さと高熱でぐったりして、食欲がなくてほとんど食べてくれない…。そんなときにはどのように対処してあげれば良いのでしょうか。

家庭で気を付けたいポイントをまとめてみました。

水分補給

汗をかく夏場は、特に脱水症状に気を付けたいものです。子供用のイオン飲料や麦茶、白湯などをこまめに飲ませて、水分補給をさせてあげましょう。

なお、オレンジなど柑橘系のジュースは、喉にしみるので避けましょう。

食事

喉が痛いときや高熱のときは、食欲が落ちることが多いです。

少しでも食欲が出たら、栄養バランスより、子供が食べたいものを優先しましょう。プリンやゼリー、ヨーグルト、豆腐のほか、ぬるめのスープ、おかゆ、うどんなどがおすすめです。熱いものや塩辛いなど刺激の強いものは避けるようにしましょう。

室内環境

エアコンの風が直接当たらないように気を付けて、快適な室内温度に保ちましょう。また、室内の乾燥にも注意が必要です。

入浴

熱のあるときは、入浴を控えるようにします。汗をかいたときにはこまめに着替えをさせ、ぬるま湯で濡らしたタオルで体を拭くなど、清潔にしてあげましょう。

動物イラスト